引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

一人暮らしの水道光熱費は平均いくら?水道代・電気代・ガス代の節約術も徹底解説!


お金と電卓
一人暮らしの平均的な水道光熱費はいくらくらい!?と気になっている人も多いのでは?

もしあまりにも平均とかけ離れているなら見直す必要があるかもしれません。節約術も徹底解説!

一人暮らしの1ヶ月の水道光熱費はいくら?

答え:平均10,000円といわれています!

下記は、2017年に実施された総務省統計局による家計調査をもとに記載しています。

水道代 約2,200円
電気代 約5,000円
ガス代 約3,000円
その他(灯油代など) 約300円
合計 約10,500円

水道代の平均は1ヶ月で約2,000円

一人暮らしの1ヶ月の水道代は平均で約2,000円です。

日常生活で水を1番使うのはお風呂です。毎日お湯を溜めて浸かる人は1ヶ月約2,500円、シャワーだけの人は約1,500円です。

ちなみに水道代は2ヶ月に1回の支払いです。1度に支払う金額は約4,000円になりますね!

電気代の平均は1ヶ月で約5,000円

一人暮らしの1ヶ月の電気代は平均で約5,000円です。

日常生活で電気代が1番かかるのはエアコンですね。夏と冬はほぼ1日つけっぱなしになるので、6,000円~7,000円くらいかかります。

あまりエアコンを使わない春と秋は、3,000~4,000円くらいになる人が多いみたいですね。

ちなみに、エアコンをほとんど使わない人は3,000円ほどになります。

家電別の1ヶ月の平均電気代をまとめているので、参考にしてみてください!

家電名 電気代の平均(月)
エアコン 約1,300円
洗濯乾燥機(ドラム式) 約800円
洗濯機 約170円
冷蔵庫 約700円
照明 約250円
テレビ 約180円
アイロン 約150円
炊飯器 約180円
ドライヤー 約160円
電子レンジ 約110円
掃除機 約120円
電気ポット 約400円
家庭用ゲーム機 約250円
パソコン 約300円
合計 約5,070円

ガス代の平均は1ヶ月で約3,000円

一人暮らしの1ヶ月の電気代は平均で約3,000円です。

日常生活でガス代が1番かかるのはお風呂!

お湯を沸かすために使うガスの量は気温によって変わるので、冬は高くて夏は安くなる傾向にあります。

毎日お湯を溜める場合は、冬のガス代が1ヶ月5,000円を超えることも珍しくありません。反対に、冬でもシャワーで済ませる人は3,000円ほどで済みます。

都市ガスとプロパンガスのどちらを使うかによっても、金額はかなり変わります。ざっくり計算してみましたが、毎月4,000円以上プロパンガスのほうが高いんです!

都市ガス プロパンガス
1㎥あたりの料金 約300円 約500円
20㎥使用した場合 約6,000円 約10,000円
基本料金 約800円 約1,500円
合計 約6,800円 約11,500円

都市ガスとプロパンガスの違いについてまとめた記事があるので、こちらもよかったらぜひぜひ。

参考:都市ガスとプロパンガスの違いは?結局どっちがいいの?

水道光熱費を節約したらどれくらい安くなる?

答え:個人差はありますが、ありとあらゆる節約を駆使すれば毎月の水道光熱費を6,500円くらいにすることも夢ではないです!

毎月3,000円も水道光熱費を節約できれば、貯金にまわしたりちょっと美味しいものを食べたりできますよね!

以下で、水道・電気・ガスの節約方法を紹介するので自分でできそうなものから実践してみてください!

水道代を節約するには?

水道
水を流しっぱなしにしないのは基本中の基本!節水グッズもいろいろ売っているので、使ってみるのもおすすめです。

・節水シャワーヘッドに交換する
・トイレの水量を使い分ける
・残り湯で洗濯する
・水道の元栓を少し締める

節水シャワーヘッドに交換する

シャワーヘッドを備え付けのものを使っているなら、ぜひ節水タイプのシャワーヘッドに交換しましょう。

普通のシャワーヘッドよりも水が出る量が少ないのに水圧が高めというスグレモノ。

お値段はだいたい2,000円くらいで、ホームセンターやロフトなどで売っています。

トイレの水量を使い分ける

トイレのとき大きいほうをしても、小さいほうをしてもトイレの水量レバーを「大」で流していませんか?

古いトイレだと、大で流すと小よりも2リットルくらいお水を無駄に使ってしまいます。

塵も積もればなんとやら、小さいことからコツコツ節約してきましょう。

残り湯で洗濯する

お風呂の残り湯、1度入ったくらいで捨ててしまうのはもったいありません。残り湯と水道水を併用すれば、1ヶ月約650円節約できますよ!

洗濯機は1回の洗濯で何回かすすぎを繰り返すので、最初の1回は残り湯ですすいで最後はキレイな水道水ですすぐのがおすすめ。

ただ、お湯は1晩放置すると雑菌がめちゃくちゃ増えるので、使うのは当日中にしましょうね!

水道の元栓を少し締める

究極の手段として、「水道の元栓を少し締める」という手があります。

どんなに蛇口をひねっても水がちょろちょろとしか出ないので、嫌でも節約できます(笑)

ただし、あまりにも水がちょろちょろとしか出ないと、食器洗いの時やシャワーの時にかなりいらいらするので、ほどほどの閉め具合にしてくださいね。

電気代を節約するには?

エアコン
電気の消し忘れも1回分は大したことなくても、毎日となるとけっこうお金がかかります。こまめに消すクセをつけておきましょう!

・LED照明にする
・エアコンの設定を変更する
・使わないコンセントは抜く
・省エネモードを使う
・冷蔵庫に詰め込みすぎない
・いっそのこと家電を買い換える
・契約アンペアを見直す

LED照明にする

初期投資はかかりますが、部屋の電気はLED照明にすると、年単位で大きく節約できます。

LED照明は調光もできるのでかなりオススメ。

僕もLED照明にしてから手元のリモコンで明るさを調節できるので、かなり快適になりました。

ロマンチックなムードをお手軽に作りたいかたにもぜひ!(笑)

エアコンの設定を変更する

エアコンの設定で1番節約できるのが「自動モード」です。勝手に温度を調節してくれるので、いつも最適な温度に保ってくれます。

とはいえ、真夏に自動モードだとわりと暑いです。そういうときは、扇風機やサーキュレーター使って空気を循環させるだけでも違います!

また、エアコンは電源を入れるときと温度を上げ下げするときが1番電力を使います。

ちょっとスーパーに行くくらいの短時間の外出なら、電源を切らずにそのまま出かけたほうが安上がりなことも。

ちなみに、エアコンが汚れていると本来のチカラを発揮できず余計な電力を使ってしまいます。

定期的にフィルターや室外機を掃除しておきましょうね!

使わないコンセントは抜く

使わない家電のコンセントは抜くようにしましょう!いわゆる待機電力ってやつですね。

待機電力をまるっとなくすだけで1ヶ月500円くらいは節約できます。

とくに忘れがちなのが電子レンジや、オーディオ機器、パソコンなどなど。

電力供給のオンオフがスイッチで切り替えられる電源タップ使えば、手軽に待機電力の節約ができますよ!

省エネモードを使う

家電の機能としてついている「省エネモード」や「エコモード」に切り替えましょう。モノによりますが、1ヶ月で150円くらい節約できます。

省エネモードとは、一定時間操作がない場合自動で電源がオフになったり、画面をちょっと暗くすることで消費電力を抑える機能のことです。

冷蔵庫に詰め込みすぎない

冷蔵庫にあれもこれもギュウギュウ詰め仕込んだりしてませんか?

食材を詰め込みすぎると、冷蔵庫内を冷やそうとして冷蔵庫がフル稼働してしまいます。詰めるのは7割り程度にして、常温で保存できるものは冷蔵庫から出しておきましょう!

また。冷蔵庫の温度調節を「強」から「弱」にするだけでもけっこう変わりますよ。

いっそのこと家電を買い換える

「壊れないしもったいないから」と古い家電を使い続けていませんか?

古いモデルよりも新しいモデルのほうが、消費電力を抑えられるように設計されています。

最初はお金がかかりますが、長い目で見れば節約できます。節約を機に家電の買い替えも検討してみるといいですね!

契約アンペアを見直す

電気の契約アンペア数(基本料金)を下げると節約できます!

一人暮らしの契約アンペアは30Aもあれば十分ですが、40Aになってたりしませんか?

契約アンペアを40Aから30Aに変更すると1ヶ月で約280円抑えられますよ。

ただ、あまり下げすぎると複数の家電を同時に使うことができません。

20Aだと、エアコンを使いながら洗濯機はまわせないのです……。これって地味に不便だったりします。

自分の1日の生活の流れを振り返って、同時に使う家電とアンペア数を確認してみてください!

<家電別の必要なアンペア数>
・電気ストーブ・・・9.9A
・エアコン暖房・・・6.6A
・エアコン冷房・・・5.8A
・冷蔵庫・・・2A
・テレビ・・・2A
・照明・・・1A
・LED照明・・・0.4A
・エアコン暖房起動時・・・20A
・エアコン冷房起動時・・・14A
・電子レンジ・・・15A
・アイロン・・・14A
・ドラム式洗濯乾燥機・・・13A
・炊飯器・・・13A
・ドライヤー・・・12A
・掃除機(強)・・・10A
・ケトル・・・10A

ガス代を節約するには?

お風呂
プロパンガスを使ってる人はとくに節約したいガス代。普段の生活を見直すだけでだいぶ変わりますよ~!

・シャワーで済ませる
・自炊のやり方を見直す
・プロパン→都市ガスの物件に引っ越し

シャワーで済ませる

毎日のお風呂をシャワーだけにすれば、1ヶ月500円くらい節約できます。

都市ガスで毎日お湯に浸かると約1,500円、シャワー10分間の場合は約780円と約2倍違います。この差はデカイ!

プロパンガスで毎日お湯に浸かると約2300円、シャワー10分間の場合は約1,200円とこちらもかなり差がありますね。

とは言え、お湯に浸かって疲れを取りたい日もあるというもの。

お湯に浸かる日とシャワーだけの日を組み合わせて無理なく節約していきましょう!

自炊のやり方を見直す

自炊のやり方をちょっと見直すだけで、ガスの使用量を抑えられます。

以下のポイントを意識して自炊するようにしてみてください。

<自炊のガスの使い方見直しポイント>
・鍋底から火がはみ出さないようにする
・火を早めに切って余熱で調理する
・揚げ物はなるべくしない
・電子レンジで食材を過熱する
・冷凍食品は冷蔵庫で解凍しておく
・なるべく大量に調理して作り置きする
・食器洗いにお湯を使わない

あとは、圧力鍋や、炊飯器を使ってなるべくガスを使わず料理するのもいいですね!

炊飯器でパンケーキを焼いたり、煮物を作ったりもできるので試してみてはいかがでしょう。

都市ガスの物件に引っ越す

引っ越し費用がかかりますが、長い目で見れば都市ガスの部屋に住んだほうがお得です。

とはいえ、すぐに実践できるものでもないので、更新のタイミングなどで考えてみてください。

「引っ越しせずにプロパンガスから都市ガスに変更できないの!?」という人もいるかもしれませんが、賃貸の場合は大家さんが決めるので変更は難しいです。

支払いを口座振替にするとお得!

毎月の支払いを口座振替やクレジットカード払いにすると、ちょっと安くなりますよ!

銀行振込やコンビニ払いだと、自分で払いに行かないといけなくて面倒ですよね!口座振替にすれば毎月勝手に引き落とされるしラクちん!

支払い方法の変更は、電話をして書類を取り寄せるか、ウェブサイトでおこないます。口座振替やクレジットカード払いができるかは、企業によりますので確認してみてくださいね!

ちなみに東京都の場合は、東京都水道局、東京ガス、東京電力のすべてで、口座振替による割引があります。

割引額はそれぞれ55円(税込)です。水道光熱費の3つを合わせると1ヶ月で165円の節約に!1年で1,980円も!

2,000円浮いたらちょっと良いケーキを食べたりとかできちゃいます。

クレカ払いなら、ポイントもつくので一石二鳥ですね~。

部屋を探すのにわざわざ不動産屋に行かなくて良いんです

ネット上で見かけて使ってみた不動産屋とチャットやLINEでやり取りできるサイトこと「イエプラ」が、めちゃくちゃ便利でした。

SUUMOとかHOME'Sには載ってないようなレア物件も紹介してくれて最高だし、業者専用のめっちゃ信用できるサイトから物件を探して紹介してくれます。

外に出るのが面倒な人とか、忙しくて引っ越し先の不動産屋に行く時間が無い人におすすめです。

イエプラはこちらから
PAGE TOP ↑