引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

都市ガスとプロパンガスの違いは?結局どっちがいいの?


ガス
都市ガスとプロパンガスってよく聞くけど、違いがわからない!って人も多いのでは?

そんな人のために、そもそもの違いや料金の違いなど、あらゆる観点から解説しちゃいます!

そもそも都市ガスとプロパンガスとは?

日本の家庭で多く使用されているガスには「都市ガス」と「プロパンガス」の2種類があります。

それぞれの違いを解説するので、どちらのガスを使うか決めるときの参考にしてください!

都市ガス

地中内のガス管を通じて各家庭に配給されている、メタンを主成分とする液化天然ガスのこと!

都市ガスは「公共料金」なので、値上がりもほとんどなく非常に安い料金で利用できます。

ガス代を抑えたい人は、都市ガスが使える部屋がおすすめ。

プロパンガス

専用のボンベに入れられて各家庭に配給されている、プロパンやブタンを主成分とした石油ガスのこと!

プロパンガスは「自由料金」なので、業者によって値段が変わります。

ガスボンベの交換や配達などの人件費がかかるので、都市ガスよりも料金が高めなのがややネックです。

ただ、プロパンガスは都市ガスにはないメリットがあります。

・熱量が多く、料理のときに火力が出る
・有害な物質が発生せず環境に優しい
・災害時の復旧が早い
・事故発生率が低く安全性が高い

とくに、料理が好きで3口コンロなどを同時に使いたい!という人はプロパンガスのほうがいいと思います。

都市ガスは1㎥あたり約11,000kcalの熱量に対し、プロパンガスは1㎥あたり約24,000kcalの熱量と2倍も違います。

プロパンガス
ちなみに、玄関の近くやガスメーターの近くにこんな感じのガスボンベがあると、その物件はプロパンガスです!

備え付けのガスコンロのホースがオレンジ色の場合もプロパンガスなので、内見に行ったらチェックしてみてください。

違い早見表

都市ガス プロパンガス
料金 公共料金(安い) 自由料金(高い)
火力 弱い 強い
1㎥あたりの熱量 約11,000kcal 約24,000kcal
原料 液化天然ガス 石油ガス
ガスの重さ 軽い 重い
におい ガス自体は無臭 ガス自体は無臭
供給方法 ガス管(パイプ) ガスボンベ
保証金 なし あり
復旧の速さ 遅い 早い
ガスコンロの
ホースの色
オレンジ

一般的には「都市ガスのほうが安くて、プロパンガスは高い」ということだけ抑えておけば問題ありません!

ただ、プロパンガスは入居時に「保証金」としてお金を預けておくケースがあります。賃貸の敷金と同じで、退去時にガス代が未納の場合そこから差し引かれます。

保証金の相場は、1世帯あたり10,000円くらいが多いです。きちんと普段から料金を支払っていれば、退去時に全額返金されるのでご安心を!

都市ガスとプロパンガスの料金どれくらい違う?

都市ガスとプロパンガスの料金がどれくらい違うのか、ざっくり計算してみました。

地域やガス会社によって料金が変わってくるので、あくまで参考にしてください。

都市ガス プロパンガス
1㎥あたりの料金 約300円 約500円
20㎥使用した場合 約6,000円 約10,000円
基本料金 約800円 約1,500円
合計 約6,800円 約11,500円

毎月約4,000円以上プロパンガスのほうが高いですね…。

プロパンガスは自由料金+人件費がかさむので、どうしても高めに設定されてしまいます。

これなら多少家賃が高くても、都市ガスの部屋に住んだほうが結果的に安くなるというパターンもありそうです。

プロパンガスから都市ガスに切り替えられる?

「めちゃくちゃ良い物件があったけど、プロパンガスだった…。都市ガスに変更できないの?」と思う人がいるかもしれません。

残念ですが、賃貸のガスの供給方法は大家さんや管理会社が決めるため基本的には切り替えられません。

交渉しても、許可がおりることはほとんどなく、万が一許可が出たとしてもガス設備の交換費用は自己負担です…(´・ω・`)

都市ガスからプロパンガスへの変更はだいたい無料ですが、プロパンガスから都市ガスへの変更は、工事やコンロの買い替えなど10万円~20万円の費用がかかります。

プロパンガスでも費用を抑えるには?

お風呂
プロパンガスでも費用を抑えるには、安い料金の会社に変更するのが1番手っ取り早いです。

ですが、基本的にアパートやマンションでは、入居者単位でプロパンガス会社を変えることはできません(´・ω・`)

大家さんに交渉すれば不可能ではありませんが、他の入居者との兼ね合いもあり現実的ではありません。

とはいえ、毎月のガス代を節約したいというのは世の常人の常です。

というわけで、すぐにできる節約方法を簡単にまとめてみました!

お風呂の節約

・浴槽に溜めるお湯の量を減らす
・追い焚きは使わずにたし湯する
・保温シートを活用する

1番ガス代がかかるのがお風呂です。使っているお湯の量を見直して、必要以上に貯めているようであれば減らしてみましょう。

また、追い焚きは意外とガス代がかかります。自動追い焚きの場合、知らない間に追い焚きされているので料金がかさみがち。

たし湯のほうがガス代が少ないので、節約したい人におすすめです。

キッチンの節約

・食材や水を常温にしてから使う
・煮込み料理をするときは、電子レンジの加熱も併用する
・こまめにガスコンロの掃除をする

冷蔵庫でキンキンに冷えた食材を温めるよりも、常温にもどしてから温めたほうがガス代が少なくて済みます!

また、煮込み料理をするときは電子レンジである程度加熱してから煮込むと、火の通りが早く味も染み込みやすくなりますよ!

部屋を探すのにわざわざ不動産屋に行かなくて良いんです

ネット上で見かけて使ってみた不動産屋とチャットやLINEでやり取りできるサイトこと「イエプラ」が、めちゃくちゃ便利でした。

SUUMOとかHOME'Sには載ってないようなレア物件も紹介してくれて最高だし、業者専用のめっちゃ信用できるサイトから物件を探して紹介してくれます。

外に出るのが面倒な人とか、忙しくて引っ越し先の不動産屋に行ってる時間が無い人におすすめです。

イエプラはこちらから
PAGE TOP ↑