引越しまとめロゴ

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

安く引越すなら1月中旬までがチャンス!費用が上がる前に部屋を探そう!


みかんが置いてあるコタツ
本格的な部屋探しシーズンが始まる1月!

実は1月の中旬までなら安く引越しできる可能性が高いんです!その理由や、スムーズに引越すためのポイントを紹介します!1月に引越ししようと考えている方必見ですよ!

1月下旬から家賃はどんどん高くなる!

年始には引越さないとなあ…という人には、1月の上旬には部屋を決めて引越しちゃうのを強くオススメします。

理由は「部屋探ししてる人が比較的少ない」「不動産屋の家賃改定が終わってないことがある」からです!

1月上旬まではお正月や成人式でドタバタしてたり、年始の仕事が忙しかったりで部屋探しする人が少ないのでライバルが減ります!

肝心の不動産屋も繁忙期の準備が終わってなくて、家賃の改定(値上げ)がされていないことが多いんです。

家賃って常に一定だと思われることが多いんですけど、時期によってけっこう変わるんですよ。

1月上旬と下旬で比べると、5,000円くらい変わることもあるんじゃないかな…?

大家さんの立場になってみると分かるんですが、家賃はできるだけ高くして貸したいですよね?1,000円違うだけでも、年間で1万2千円になりますから。

でも、むやみに家賃を上げたら今度は住んでくれる人がいなくなる…。

そこで「入居者が多い時期だけなら、家賃高くしても住んでくれるのでは!?」と考えたズル賢い大家さんたちが、引越す人が多い時期だけ家賃を上げるようになったんです。

年始と言えば新社会人・新大学生の人が、新しい住居をこぞって探し始める時期。だからこそ、家賃がどんどん上がっていくのです。

下旬からは引越し費用も上がる

家賃だけじゃなくて、引越し費用も家賃と同じ理由で上がっていきます。

距離とか荷物の量によるので一概には言えませんが、1月と3月で比べたら引っ越し費用だけで3~5万円くらい変わることも。もちろん1月のほうが安いです。

家賃も計算に入れると、1月より2~4月のほうが10万円近く費用が高くついてしまうことも…なくはないのではないでしょうか。

1月下旬以降は物件が埋まるスピードが早くなる

1月下旬になると物件が埋まるスピードが尋常じゃないくらい早くなります。

僕がある部屋を内見してる間に、不動産屋さんが電話してて「たった今、この部屋埋まったみたいです…」って青ざめたこともありますからね。

とはいえこれは、1月だからとか3月だからとかではなく、年中通して言えることです。部屋探しは早いもの勝ちなので、良い部屋に住みたいなら早め早めの行動が吉です!

普通のサイトで検索しても意味がないこともある…

誰もが知っているような賃貸の物件検索サイトで調べても、無駄になってしまうことがあります。

一般のサイトはけっこう情報の更新が遅く、サイトに載ってる物件が実は既に埋まってた…ってことがけっこう発生するんです。

僕「この部屋いいね!問い合わせよう!」

担当者「すみません、実は埋まってしまって…」

僕「……。」

ってことが何度も起こることもあり得ます。もちろん対策はされてるんでしょうが、追い付いていないのが正直な現状みたい…。

中には、おとり物件と言って、良さそうな物件をあえて残したままにして、お客さんをお店に呼ぼうとする業者もいる始末。

僕がおすすめしている「チャット不動産屋イエプラ」は、おとり物件は一切ありません。内見前日にも空室確認してくれるので安心ですよ!

イエプラでお部屋を探す

 

スムーズに引越すためのポイント

スムーズに引越すために抑えておいてほしいポイントを4つ紹介します!

・スケジュールを確認しておく
・希望条件をまとめておく
・必要な書類を準備しておく
・引越し業者を決めておく

スケジュールを確認しておく

引越したい日を決めて大まかにスケジュールを立てましょう!

入居審査には2週間くらいかかると言われていますので、部屋探しや内見することを考えると遅くても3週間~1ヶ月くらい前から準備しておいたほうがいいです!

希望条件をまとめておく

どんな部屋に住みたいか、どのエリアに住むかなどの希望条件を書き出してみましょう。

さすがに全部の希望を満たす物件は難しいので、譲れない条件を3つほど決めてその他は優先順位をつけておくといいですよ!

希望がハッキリしていれば、不動産屋のスタッフもより希望に近い物件を紹介してくれるので効率がいいです!

必要な書類を準備しておく

住みたい部屋が決まったらすぐに契約できるように、必要な書類を準備しておきましょう。

書類が揃ってなかったり記入ミスがあったりすると、入居審査に時間がかかってスケジュールが狂ってしまいます。

中には役所に行かないといけないものもあるので注意です!

<必要な書類>
・身分証明書(免許証や保険証など)
・収入証明書
・住民票(同居人がいる場合は全員分)
・印鑑証明書
・通帳のコピーまたは残高証明書(預貯金審査時のみ)
・連帯保証人の身分証
・連帯保証人の収入証明書
<必要な情報>
・名前や電話番号などの基本情報
・勤務先の情報
・連帯保証人の基本情報
・連帯保証人の勤務先の情報
・緊急連絡先の情報

引越し業者を決めておく

忘れがちなのが引越し業者の手配です!土日は引越しする人が多いので、早めに手配しておかないと希望の日時に引越しできないことも…。

引越しはあまり日常的にしない分、どういう手続きがあるのか忘れがちですよね。そこで引越しでのやることチェックリストをまとめました!

これを見ていけば引越しが初めての方でもうまくいくこと間違いなしなので、是非参考にしてください!

▶引越しのやることチェックリスト

部屋を探すのにわざわざ不動産屋に行かなくて良いんです

不動産屋に行かなくても、チャットで部屋探しができる「イエプラ」はめちゃくちゃ便利でした!

SUUMOとかHOME’Sには載ってないようなレアな物件を紹介してくれるし、業者専用のめっちゃ信用できるサイトから物件を紹介してくれます!

外に出るのが面倒な人とか、忙しくて引っ越し先の不動産屋に行く時間が無い人におすすめです。

イエプラでお部屋を探す


keyboard_arrow_up
PAGE TOP