引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

引っ越すなら1月のうちが吉!だんだん費用が上がるぞ【新社会人・学生必見】


みかんが置いてあるコタツ

1月下旬から家賃はどんどん高くなる!

年始には引っ越さないとなあ…という人には、1月の上旬にはお部屋を決めて引っ越しちゃうのを強くオススメします。

なんでかと言うと、1月下旬から家賃がどんどん上がるから。

家賃って常に一定だと思われることが多いんですけど、時期によってけっこう変わるんです。5,000円くらい変わることもあるんじゃないかな…?

大家さんの立場になってみると分かるんですが、家賃はできるだけ高くして貸したいですよね?1,000円違うだけでも、年間で1万2千円になりますから。

でも、むやみに家賃を上げたら今度は住んでくれる人がいなくなる…。

そこで「入居者が多い時期だけなら、家賃高くしても住んでくれるのでは!?」と考えたズル賢い大家さんたちが、引っ越す人が多い時期だけ家賃を上げるようになったんです。

そして、年始と言えば新社会人、新大学生の人が、新しい住居をこぞって探し始める時期。だからこそ、家賃がどんどん上がっていくのです。

ちなみに引っ越し費用も上がります

家賃だけじゃなくて、引っ越し費用も家賃と同じ理由で上がっていきます。

距離とか荷物の量によるので一概には言えませんが、1月と3月で比べたら引っ越し費用だけで3~5万円くらい変わることも。もちろん1月のほうが安いです。

家賃も計算に入れると、1月より2~4月のほうが10万円近く費用が高くついてしまうことも…無くはないのではないでしょうか。

げにおそろしき賃貸業界。

しかも良い物件がどんどん無くなっていく

更に悪いことに、条件が良い部屋からどんどん埋まっていきます。女の子を連れ込んでも問題ないようなお部屋は、気づいたら無くなってると思って良いでしょう。

僕があるお部屋を内見してる間に、不動産屋さんが電話してて「たった今、この部屋埋まったみたいです…」って青ざめたこともありますからね。

とはいえこれは、1月だからとか3月だからとかではなく、年中通して言えることです。賃貸のお部屋探しは早い者勝ちなので、しょうがないと言えばしょうがないですね。

普通のサイトで検索しても意味がないこともある…

誰もが知っているような賃貸の物件検索サイトで調べても、無駄になってしまうことがあります。

一般のサイトはけっこう情報の更新が遅く、サイトに載ってる物件が実は既に埋まってた…ってことがけっこう発生するんです。

僕「この部屋いいね!問い合わせよう!」
担当者「すみません、実は埋まってしまって…」
僕「」

ってことが何度も起こることもあり得ます。もちろん対策はされてるんでしょうが、追い付いていないのが正直な現状みたい…。

中には、おとり物件と言って、良さそうな物件をあえて残したままにして、お客さんをお店に呼ぼうとする業者もいる始末。

普通のサイトよりも更新が早く、騙される可能性が少ないサイトもあるんですが、不動産屋専用のサイトなので普通は見られません…。

部屋を探すのにわざわざ不動産屋に行かなくて良いんです

ネット上で見かけて使ってみた不動産屋とチャットやLINEでやり取りできるサイトこと「イエプラ」が、めちゃくちゃ便利でした。

SUUMOとかHOME'Sには載ってないようなレア物件も紹介してくれて最高だし、業者専用のめっちゃ信用できるサイトから物件を探して紹介してくれます。

外に出るのが面倒な人とか、忙しくて引っ越し先の不動産屋に行く時間が無い人におすすめです。

イエプラはこちらから
PAGE TOP ↑