引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

間取り図の数字よりも、実は狭かった!という罠


不動産チラシで間取り図よりも、実は狭いという罠

引越しをするけど、今住んでいる広さと同じであればいいや、なんて時は、不動産で部屋の面積を気にしますよね。

今住んでいるところが面積20㎡だったら、次の部屋も面積20㎡と書かれている物件なら広さは同じはず…。

ところが!

面積20㎡と書かれていても、床の面積が20㎡もない場合があるのです。

スポンサーリンク

専有面積(部屋の広さ)には、2種類の書き方がある

面積20㎡と書かれていたら、ちゃんと床面積が20㎡ある「内法面積」(うちのりめんせき)

専有面積が内法面積で測ってある物件は、床の面積がちゃんとその数字分あります。

図で表すと、

内法面積

こういうことですね。

まぁこの部屋はドアがないので入れないし、窓がないので部屋とはいえませんが、とりあえず面積の考え方はこんな感じです。

面積20㎡と書かれていても、床はもっと狭い「壁芯面積」(へきしんめんせき)

壁芯面積とは、柱や壁の厚みの真ん中から図られた面積のことです。

文章で書いてもいまいちわかりづらいので、図で見てみましょう。

壁芯面積

これが壁芯面積です。

面積で図られている部分が、壁や柱の真ん中まで来ているのがわかりますね。

ということは、実際に歩ける場所は20㎡もないということです。

広い物件だとなかなか気付きづらいですが、ワンルームだと割と狭く感じます。

ちょっとの差といえばちょっとなのですが、そのちょっとの差で、家具が置けたり置けなかったりするので、甘く見てはいけません。

部屋の間取りに家具をギリギリのスペースで置きたいと考えている方は、かならず実際に部屋に行って測ってみることをオススメします。

不動産チラシの見取り図はあくまで参考程度にしておかないと、実際に家具を買って配置してみたら置けなかった、なんてことになってしまうかもしれません。

物件選び、めんどくさくないですか?

ひょっとして、あなたがこれを読まれているということは、引越しを考えている状態ではありませんか?
物件選びって、一度やったことがある方ならわかると思うんですけど、めちゃくちゃめんどくさいですよね…。
そんな場合に便利なのが「家探しのコンシェルジュサービス」です。
ぼくも実際に使ってみたので、よかったら読んでみてくださいー!

PAGE TOP ↑