引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

引越しのガス手続き。立会いは休日でも大丈夫!


ガスの栓を締める。
意外と知られていないガスの閉栓(引越し前)と開栓(引越し後)の手続き。

ここでまるっとご紹介します!

引越しの一週間前にすること:ガスの閉栓手続き

引越しをする1週間くらい前までに、ガスの「検針票」や領収書などに書かれてある電話番号に連絡して、引っ越しすることを伝えましょう。

ガスの閉栓手続きは必ず立ち会いが必要になってくるので、できるだけ早く電話することでこちらの都合の良い日に、立ち会いの予約をすることができます。

※ちなみに水道と電気は立ち会いが必要なわけではありません。

引越し時にガス会社に伝える事柄リスト

ガス会社に電話をして引越しをすることを伝えると、以下の内容を聞かれます。

  • 現住所
  • 契約者の名前
  • 引越し日時(立ち会い日と時間)
  • 連絡先の電話番号
  • 引越し先の住所
  • お客様番号(検針票や領収書に記載されています)
  • 新居のガス開栓立ち会いの日と時間

以上のことを事前に用意しておくと、電話がスムーズに進みます。

スポンサーリンク

ガスの立ち会い日と時間はいつが大丈夫?

ほとんどのガス会社は、年中無休で対応してくれますが、引越しが込み合う時期(春先など)は希望通りの日時にならないこともあります。

希望通りの日時にしたい場合は、なるべく早めの予約をしておきましょう。

訪問時間は、

  • 9:00~12:00
  • 13:00~15:00
  • 15:00~17:00
  • 17:00~19:00

この中から選ぶのが一般的ですが、ガス会社によっては違う場合もあります。

立ち会いが必要ない場合はこんな場合

ガスの栓を締めるときは、実は立ち会いが要らない場合もあります。

  • ガスメーターのそばまで係員が行ける場合。
  • オートロックのマンションでガスメーターがマンションの中にある場合でも、管理人さんなど代理人がいる場合。

つまり、ガス会社の係員だけでガスメーターが見れる場合は立ち会いは必要ありません。

ガス栓を締めるときの所要時間

ガス栓を締める時間はおおよそ10分程度で終わります。

しかし、ガス機器の取り外しなどがある場合はさらに時間がかかることになりますが、賃貸の場合はまずありません。

ガス料金の支払い方法

引越しをする場合、退出日までの料金は日割り計算で支払います。

支払い方法としては、

口座振替(引き落とし)

普段口座振替を使ってガス料金を支払っている方はほとんどこちらになります。

とくに手続きは必要ないので、安心してください。

クレジットカード決済

ガス料金を普段からクレジットカードで支払っている方の場合はこちらになります。

この場合もとくに手続きは必要ありません。

現地精算

ガスの閉栓立ち会いの時についでに料金も支払う、ということもできます。

ただしこの場合は、最初に電話で立ち会い予約をするときに「その場で精算したいのですが」と報告しておくことが条件になりますので注意してください。

引越し先へ請求書を送付

引越し先についてから現金で支払いたい、という場合はこの方法があります。

請求書が届いたら、銀行やコンビニ等で支払いをしましょう。

引越しのすぐ後にすること:ガスの開栓手続き

ガスの開栓は、引越し前の閉栓立ち会いの時に一緒に予約

新しい部屋でガスを使用する場合も、必ずガス会社の立ち会いがあります。

なるべく引越し当日に来てもらうように予約しておきましょう。

もしガス機器を新たに購入する場合(コンロなど)は、立ち会いまでに用意しておいてください。

開栓作業と共に安全確認も

ガス会社の係員はガス栓の開栓とともに、ちゃんと利用できるか安全確認もしてくれます。

その際、注意事項やガス料金の支払い方法などの説明をしてくれると思いますので、わからないことがあったら聞いてみてください。

ガスが使えないとシャワーを浴びることもできません!

引越し当日に汗をかいた体を洗うことができないのはちょっとツラいですよね。

そうならないようにしっかりとガス開栓の手続きをしておきましょう!

そのほかの引越し手続きはこちらに書いてあります。

物件選び、めんどくさくないですか?

ひょっとして、あなたがこれを読まれているということは、引越しを考えている状態ではありませんか?
物件選びって、一度やったことがある方ならわかると思うんですけど、めちゃくちゃめんどくさいですよね…。
そんな場合に便利なのが「家探しのコンシェルジュサービス」です。
ぼくも実際に使ってみたので、よかったら読んでみてくださいー!

PAGE TOP ↑