引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

一人暮らしの費用の平均は意外とこれくらい





一人暮らしの費用って一体どれくらいかかるのか、世間一般の平均値と僕の参考値を調べてみました。

家賃はもちろん、食費も光熱費もタダだった実家ぐらしと違ってなにかとお金がかかる一人暮らし。

「気がついたらお金が足りない!」なんてことにならないように計画的にいきましょう!

それぞれの節約術も書いていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

一人暮らしのそれぞれの費用平均

一人暮らしの費用の前に、平均年収を見てみる

費用の平均を見る前に、そもそもの年収の平均を見てみましょう。

20代男性の平均年収は365万円で、ボーナスが2ヶ月分とすると月々26万円ということになります。

20代女性の平均年収は322万年で、こちらもボーナス二ヶ月分とすると月々は23万円です。

男女ともにここから税金を引いたら20万円前後という感じですね。

一人暮らしは20万円でやっていけるのか、という記事もあるのでぜひこちらもご参考にしてみてください。

ちなみに30代はぐーんと上がって、男性が485万円、女性が385万円となります。

これまたボーナスが2ヶ月分くらいと考えると、月々のお給料は男性が34万円、女性が27.5万円という感じになります。

一人暮らしは30万円でどうなるのか、という記事も実はありますのでよかったらこちらもぜひぜひ。

家賃の費用平均

家賃の費用平均

家賃の平均は、だいたい6万円〜7万円が平均のようです。

都内が一番高く平均7万円前後ですが、そのほかの地域になると6万円台後半が多いようです。

ちなみに無理なく住めるのは給料手取り額の3分の1くらいの家賃と言われています。

つまり税金が引かれたあとの手取り額が月額24万円ほどなら、8万円の物件が上限ということですね。

部屋の間取りは1K(ワンルームプラスキッチン)が全体の50%程度です。

1Kというのは、部屋のドアを開けたら通路みたいな感じになっていつつ、キッチンがあり、その奥に部屋があるような感じ。

広さでいうと都内の場合はだいたい22㎡が平均的なようです。

都内は地価が高い分、狭いですよね…。

ちなみに僕(30代)の住んでいるところは都内で最上階の角部屋1DKで面積は24.5㎡。家賃85,000円です。

家賃の節約術

都内で家賃を節約するには、ズバリ安いところに住むほかありません。

例えば、板橋区の成増だとワンルーム5万円です。

足立区の綾瀬であれば、ワンルーム6万円で、成増よりはちょっと高くなります。

葛飾区の亀有は、ワンルーム5.5万円と、探せば都内でも家賃が安いところはあります。

スポンサーリンク

食費の費用平均

食費の平均

2万8千円がだいたいの平均のようです。

が、しかし!

1ヶ月の食費を2万8千円に抑えるのはかなりの努力が必要です。

例えば昼ごはんに1,000円のらんちを毎日食べると、昼ごはん代だけで月に3万円を突破してしまいます。

さらに飲み会に誘われれば5,000円程度は飛んで行くことに…。

この食費平均というのはかなり節約しないと出せない数字です。

単純に自炊をすれば食費が浮くと思っていると痛い目をみてしまいます。

住む部屋を決めるときには、近くに安いスーパーがあるか必ず確認するようにしましょう。

ちなみに僕は社会人なのですが、なんだかんだで月8万円くらいはいってしまいます…。

ほかの人に聞いたところ、だいたいみんな5.6万円くらいには抑えているようです。

食費の節約節約

外食を抑えて、冷凍食品をうまく活用すれば、月々の費用はかなり抑えられます。

お米はかならず炊いて、おかずは冷凍食品にするとオススメ。

一人暮らしの無理ない食費節約術はこちらに詳しく書いてあります。

水道代の費用平均

水道代の費用平均

3,000円が平均のようです。

お風呂が大好きな方はもうすこし上がるかもしれませんが、それでもそれほど大きく跳ね上がることはないでしょう。

ちなみに一般的に水の使用割合は、

トイレが28%で、お風呂が25%、次にキッチンが20%、で残りが洗濯などになります。

お風呂よりもトイレのほうが多いというのが意外ですよね。

水道代の節約術

水の出しっぱなしに気をつけたり、洗濯機を節水タイプにしたりするのは基本です。

ほかにも、トイレの水道代を節約するために、「水洗トイレ節約器ロスカット」というグッズを使用するのもおすすめです。

この商品を使うと、トイレの流れる水の勢いはそのままで、水の量だけを減らしてくれるというすぐれもの。

アマゾンで2500円位で売っています。

お風呂場の水道代節約術は、節水タイプのシャワーヘッドを買いましょう。

普通のシャワーヘッドよりも水が出る量が少なく、水圧高めなので、慣れると意外と気持ちが良いです。

お値段はだいたい2000円くらい。

さらに究極の手段として、「水道の元栓を少し締める」という手があります。

ただし、あまりにも水がちょろちょろとしか出ないと、食器洗いの時やシャワーの時にかなりいらいらするので、ほどほどの閉め具合にしてくださいね。

電気代の費用平均

電気代の費用平均

電気代は、3,000円から8,000円が平均ですが、人によって大きく変わります。

特に夏場はクーラー、冬場は暖房がかなり大きな割合をしめてきます。

学生の方だったら、夏の昼間は図書館に行くなどして、クーラーの電気代を節約するのもいいですね。

パソコンで消費電力が大きいものはかなり電気代を食ってしまいますので、つけっぱなしはやめるようにしましょう。

電気代の節約術

電気の消し忘れも一回分は大したことないですが、ちりも積もれば山となりますので、こまめに消灯するのもいいと思います。

部屋の電気はLED照明にすると、年単位で大きく節約することができます。

初期投資はかかりますが、LED照明は調光もできるのでかなりオススメ。

僕もLED照明にしてから手元で明るさを調節できるので、かなり快適になりました。

ロマンチックなムードをお手軽に作りたいかたにもぜひ!笑

冷蔵庫も実は節電ができます。

冷蔵庫を開けると、温度調節のダイヤルがあると思いますので、それを「強」から「弱」にしてみてください。

これだけで約20%近くの節約になります。

電気代の節約でさらに重要なのは、「契約時のアンペア数」です。

自分のライフスタイルにあったアンペア数を選ぶことで、自然と節約にもなってきます。

一人暮らしに最適なアンペア数を知りたい方はこちらを御覧ください。

ガス代の費用平均

ガス代の費用平均

ガス代は3,000〜6,000円が平均です。

ガスで重要なことは「種類」です。

都市ガス・・・公共料金のため費用は一律。

プロパンガス(LPガス)・・・業者がそれぞれ値段を決めれる。

都市ガスにくらべプロパンガスは一般的に高く、地域によっては2倍以上の差になることも。

都市ガスとプロパンガスの差は、都市ガスが空気より軽くてプロパンガスが空気より重いといった違いはありますが、普段使う分には差はありません。

全国で見ると、どちらのガスも利用割合は半々のようです。

新しい物件を探すときは、なるべく都市ガスを選ぶようにしましょう。

ガス代の節約術

ガスの節約にも、「節水シャワーヘッド」は有効です。

出る水の量を減らすシャワーヘッドは、水が減った分、ガス代も安くなります。

そして食器などの洗い物をするときはなるべくお湯は使わないようにしましょう。

冬場はかなりキツいですが、これを徹底するだけでもガス代はかなり安くなるはずです。

さらに給湯器はかならず使うときだけONにするようにしましょう。

給湯器をONにしていると、実はその間中ガス代がかかってしまいます!

電話代の費用平均

電話代の費用平均

スマホは7,000円前後、ガラケーは3,000円前後が平均のようです。

大学デビューのために都内に出てくる方で、「電話代を抑えるためにガラケーにしよう…」という考えの方がいるかもしれませんが、あまりオススメはできません。

なぜなら友達付き合いを円滑にするためには、コミュニケーションツールとしてのスマートフォンは絶大な効果を発揮するためです。

LINEなどのアプリはガラケーでも使えることは使えますが、利便性がスマートフォンよりもはるかに劣ってしまいます。

「あいつにLINE送ってもいっつも返ってこねーよなー」なんて思われてしまわないように、なるべくならスマートフォンにしたほうがよいでしょう。

スマートフォンで意外とお金がかかるのが「課金アプリ」です。

スマホゲームはなるべく無課金でやるようにしましょう。

なんでかゲームは課金タイプが多いんですよね。

逆にビジネス系にも使えるアプリ(エバーノートとか)は無料で使えるものが多かったりします。

電話代の節約術

電話代を安く済ませたいのであれば、格安SIMを使うようにしましょう。

とはいっても、格安SIMは慣れている人じゃないとハードルが高いですよね。

普段使っているスマホでなるべく節約するためには、「電話をしない」これにつきます。

誰かの声が聞きたくなったら、ラインかフェイスブック、スカイプなどで通話するようにしましょう。

パソコンのインターネット代の費用平均

パソコンのインターネット代の費用平均

インターネット代は6,000円から7,000円が平均です。

インターネット代の内訳としては、

光回線かケーブル回線の料金+プロバイダ料金となります

ちなみにフレッツ光などを新規で通す場合の初期費用はだいたい4,000円程度が相場のようです。

光回線だと、月額4,000円程度で洋画や海外ドラマが見放題なプランがあります。

僕の場合、これに慣れてしまって日本のテレビはほとんど見なくなってしまいました。

インターネット代の節約術

 

ポケットWiFiを使うと、月々3000円ちょっとくらいで快適なインターネット生活ができるようになります。

交際費の費用平均

交際費の費用平均

交際費は20,000円前後が平均のようですが、これも人によって大きく変わります。

特に年下の学生と付き合ってる社会人男性の場合、デート費のほとんどを支払わなくてならないことが多いため、交際費はハネ上がります。

例えば水族館デートしたとして…

池袋水族館チケット2,000円×2枚+昼ごはん代1,500円×2人分+夜ごはん代3,500円+2人分+ホテル代15,000円

合計29,000円!

一日で約30,000円使う計算になります。

なりますというか、僕がこの前まさにコレでした。

ちなみに全部割り勘だったとしても、14,500円です。

毎週こんなことしてたら結構な金額になってしまいます。

逆に女性の場合、男性の扱いがうまい人は出費がほとんどゼロで楽しむこともできます。

ちなみに東京ディズニーランドで遊ぶ場合の費用平均はカップルで3万円前後のようです。

交際費の節約術

なんとかして家デートの回数を増やしましょう笑

居酒屋で飲まないで、宅飲みをするだけでも数千円の節約になります。

会社の飲み会などは、なんとかして一次会で抜けるようにしましょう。

2次会に行かないのはなんとなく悪い気がして…という気持ち、わかります。

わかりますが、どうせみんな酔っぱらってて覚えていないので大丈夫です!笑

カラオケに行きたくなったら、夜はやめてお昼に行くようにしましょう。

お昼に行くだけでかなり安いプランを利用できますよ!

服代の費用平均

服代の費用平均

5,000円から50,000万円と幅が広いです。

ユニクロでだいたい揃える人から、ハイブランドのコダワリを持っている人まで様々です。

しかもハイブランドは流行り廃りがあるので、毎回必ず買わないといけないという服代地獄におちいります。

服代の節約術

着回しがしやすく、安いブランドを選びましょう。

無印良品、ユニクロ、GAPなどで買っても、着こなしのセンスがよければ安っぽくみえませんよ!

やってはいけないのが「衝動買い」です。

衝動買いした服って意外と着ないんですよね…。

無難に着こなしがしやすい服を季節の変わり目ごとにまとめて買うことをおすすめします。

気になる貯金平均は・・・?

貯金平均

これだけ出費が多いと、みんなどれくらい貯金しているのか気になりますよね。

貯金平均額は月3万円前後が平均のようです。

年代別で貯金額を見てみると、

独身で20代の平均貯金額は…200万円

独身で30代の平均貯金額は…461万円

独身で40代の平均貯金額は…490万円

うーん、意外とみんな貯めてるんですね…。

とはいえ、まったく貯金しない人と貯金する人の2極化も進んでいます。

若い内はそれでも大丈夫ですが、年金も支払われるのかアヤシイご時世、ある程度の年齢になったら貯金をはじめたほうが良さそうです。

物件選び、めんどくさくないですか?

ひょっとして、あなたがこれを読まれているということは、引越しを考えている状態ではありませんか?
物件選びって、一度やったことがある方ならわかると思うんですけど、めちゃくちゃめんどくさいですよね…。
そんな場合に便利なのが「家探しのコンシェルジュサービス」です。
ぼくも実際に使ってみたので、よかったら読んでみてくださいー!

PAGE TOP ↑