引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

賃貸にもリフォーム可の物件が実はある!


賃貸でリフォーム

割と長く住みたい場合は、できることなら自分のイメージどおりの部屋がいいですよね。

でも探しても探しても自分のコダワリポイントを満たす物件がない…。

そんなときは、リフォーム可の物件を探すのも手です。

例えば、築20年以上のマンションの場合、そもそもがリフォームをしないと借りる人が現れないような物件もあります。

大家さんとしても、誰かに借りてもらわなければ困りもの。

そこで、あなたと大家さんの利害が一致するわけです。

さらに築20年以上だと、大家さんも減価償却が終わっているので、リフォーム代をいくらか出してくれる可能性だってあります。

※減価償却が終わっているとは、そのマンションを作ったり買ったりした費用のマイナス分がなくなっているということです。

スポンサーリンク

リフォームできる部屋の箇所

キッチン

キッチンを流行りのシステムキッチンにして、キレイで清潔、しかも使いやすいキッチンにすることができます。

安っぽいビニールのなんちゃってフローリングから、ちゃんとした本物の木でできたフローリングにすることもできます。

足の裏で感じる木の感触はちょっとセレブ!

バスルーム

床がすぐにカラッとかわくタイルや、24時間いつでもすぐに入れるお風呂、大きな鏡など、バスルームも大切なリフォームポイントです。

リビングを広く

リビングのとなりに中途半端に小さい部屋がある・・・という場合は間の壁をなくして大きな部屋にすることもできます。

広い部屋はかなり魅力的です。

リフォーム相談ができそうな物件とは

築年数20年以上のマンション

築年数が20年くらいになると、普通に使っていても部屋の器具が故障しやすくなったり、設備が古くなったりしています。

そろそろリフォームしないとな…と考えてる大家さんだったらリフォームの相談も応じてくれるはずです。

人気のない物件

たとえば、「駅から遠い」「人気がないエリア」「いわくつきの物件」などはそのままにしていてもなかなか借りてが現れません。

なかなか部屋が埋まらなくて悩んでいる大家さんなら、大家さんもリフォームを検討してくれるかも。

リフォームが可能となったら大家さんと費用の相談!

大家さんとも話してみて、リフォームがOKとなったら次は費用の相談です。

もともと誰も借りないような物件だったら半分くらいは払ってくれるかもしれません。

リフォーム代が150万かかるとすると(結構いいリフォームです)半分払って守られば75万ですみます。

もしリフォーム業者を自分で選ぶ場合は、できるだけいろんなところに見積もりを依頼して比べてみるようにしましょう。

物件選び、めんどくさくないですか?

ひょっとして、あなたがこれを読まれているということは、引越しを考えている状態ではありませんか?
物件選びって、一度やったことがある方ならわかると思うんですけど、めちゃくちゃめんどくさいですよね…。
そんな場合に便利なのが「家探しのコンシェルジュサービス」です。
ぼくも実際に使ってみたので、よかったら読んでみてくださいー!

PAGE TOP ↑