引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

アパートとマンションの違いをわかりやすく解説!【初心者必見】


マンションとアパートの違い

一人暮らしを始めたいけど、”アパートとマンションの違い”とか”1KのCL付き”とかまったくぜんぜんよくわからないぞ!

という方の為にわかりやすく解説していこうと思います(`・ω・´)ゞ

とりあえず結論だけ知りたい!という方のために最初に結論を書いちゃいますと、

アパートとマンションに明確な基準、決まりはありません。

そうなんですよ…。

実は法律ではそういった基準はまったく決められてないのです。

では一体だれがアパートとマンションを決めているの!?

なんかそういう影の組織があるの?という疑問にまるっと答えていきたいと思います。

ついでに専門用語辞典も記事の中程にありますよー!

アパートやマンション、コーポなどの違い

そもそも法的には明確な基準はありません

実はアパートもマンションも、言ったもん勝ち的なところがあります。

いかにもこれ木造だろ、っていう建物だったとしても、大家が「スーパーセレブヒルズ横浜マンション・エクセレントⅢ」なんて名づけたらもうそれはマンションです。

隙間風がすごいぼろっぼろの木造の建物でも、「エターナルブリザード・マンション・北極圏の微笑み」とか大家さんが名付けたらマンションなんです。

とはいうものの、一応不動産屋さん的にはそれぞれ基準となるポイントがあります。

一番の違いは建物が何で作られているか、というところ

簡単に言ってしまうと、マンションは鉄筋コンクリート造で、アパートは木造(しかし例外があるので最後まで読んで下さい)です。

ただし、高級マンションなどで名前が「○○アパートメント」というようにオシャレでつけてる場合もありますが、だいたい見た感じですぐにわかるので間違えることはないでしょう。

ちなみに○○コーポや、○○ハイツというのは建物の名称なので、特に気にする必要はありません。

法律的にはマンションとアパートの区別は実はないので、名づけ方次第という適当さです。

ということは…

先ほど書いたように、○○マンションという名前なのに、木造ということも本当にあるので注意して下さい!

え、マンションなのに木造?と思いますよね。

この「なんちゃってマンション」はなぜあるのか、そのカラクリはこちらで書いてあります。

マンションとアパートは住んでみると何が違うの?

一般的にマンションのほうが防音性が高く、家賃や共益費(エレベーターの保守代とか)がかかり、費用も高いです。

アパートは、隣の部屋の人のくしゃみが聞こえたりするくらい防音性が低いところもありますが、その分費用は安くすみます。

※マンションでもやたらと安い物件は、壁の厚さとかケチって作られているために、防音性が異常にないところもあるので注意してください。

誰がマンションとアパートに分けてるの?

「はい、この物件はマンションで、こっちの物件はアパートね!」と決めているのは一体だれでしょう?

それは総理大臣でも近所のおっちゃんでもありません。

正解は、不動産屋さんがなんとなくで決めているのです。

適当!

まぁ適当と言っても、一応それなりの判断基準はあります。

アパートと一般的に呼ばれる物件の特徴

木造建て、軽量鉄骨造(プレハブ工法)が多い。

アパートは、英語でいうところのAPARTMENT(アパートメント)が語源です。

いわゆる共同住宅のことになります。

マンションと一般的に呼ばれる物件の特徴

鉄骨コンクリート造(RC)、鉄筋鉄骨コンクリート造(SRC)、軽量気泡コンクリート(ALC)が多い。

という感じがいちおう、一般的な分け方とされています。

ちなみにマンションというのは和製英語なので、外人に言っても通じません。

英語にすると、コンドミニアム(condominium)になります。

マンションの語源となったmansionというのは、海外では超豪邸のことを意味します。

例えばこんな感じの家ですね。

なので、外人に「mansionに住んでるぜ!HAHA!」なんて言ったらどんなセレブだよ、と思われ…るかもしれません。

一般的に、アパートよりも大型の共同住宅(もしくは集合住宅)のことを言います。

一億円以上のマンションを億ションなんて言ったりもします。

ハイツやコーポ、メゾン、レジデンスというのはなに?

ハイツというのはもともと、高台にある集合住宅のことです。

なので物件名にハイツと入っていれば、高台にある…ということもありますが、高台じゃないこともあります笑

コーポは、コーポラスの略称で、高さが中高層(高さが10メートルを超える)物件に使われることが多いようです。

メゾンというのは、フランス語で家という意味。

つまり、特に意味はないということになります。

最後にレジデンスというのは、大邸宅という意味です。

大邸宅という意味のわりには小さめのマンションについていることも…。

大家さんはとにかく横文字を入れたがる

物件に高級感を持たせるために、大家さんはとにかく横文字をいれてきます。

たとえば、ヴィラ(貸別荘、田舎の大邸宅という意味)、シャルマン(魅力的という意味)、パレス(お城)、アーバン(都会)なんかが多いですね。

スポンサーリンク

アパートの一番のデメリットは防音性

木造や軽量鉄骨は生活音がかなり聞こえやすい構造です。

上の人の歩く音、隣の話し声、トイレを流す音などが物件によっては丸聞こえだったりします。

音が気になる方は、なるべく角部屋で最上階がオススメ。

階段が近い部屋はやめときましょう。

あとロフトが付いているタイプの木造物件って結構あるんですが、あれもオススメしません。

なぜならロフト≒階段を上がり下がりする分、音が気になる場合が多いから!

でもロフトがいいな…という気持ちもわかります。

初めての一人暮らしとかで物件探しをしていると、ロフト物件ってオシャレに見えちゃうんですよね…。

とは言っても、ロフトって騒音問題以外にも、ロフト部分に熱がこもりまくったりして結局物置になっちゃったりするんですよ。

話がちょっと逸れてしまいましたが、騒音問題は間取りにもよりますが、一番の問題はどんな住人が住んでいるか、です。

ちゃんと防音のことを考えて作られている木造物件なのに、隣からずっとAKBが流れてくるとか、夜中になるとどこからともなくお経が聞こえてくるとかってこともあります。

そこらへんは割と運なのでどうしようもないですけどね…。

同じ建物に怖い職業の人がいるか聞いてもちゃんと教えてくれないことがある

「このマンションの住人に変な人とか反社会的勢力な人はいないですよね?」って不動産屋さんに聞いても、「大丈夫ですよー」としか言ってくれないことがほとんどです。

ぼくはその言葉を信じて引っ越したら、上の階にいわゆる「怖い人」が住んでいて、休日はマンションの入り口に怖い人が乗った黒塗りの車が横付けされるということもありました。

最初は怖かったんですけど、毎週のこととなると不思議と慣れてくるんですよね…で、慣れてきて気が抜けてきたころに運転手のめっちゃ怖いオニイサンと目があって、ヒィ!ってなったことも。

話しが逸れましたが、アパートの場合、バッチリな防音性能というのは期待しないほうが良いです。

防音ボードが入ってるんで大丈夫ですよ!と言われても僕としては効果の程は疑問です。

マンションはみんな防音がしっかりしてる?

アパートと違ってマンションはみんな防音がしっかりしてるかというとそうでもありません。

鉄筋鉄骨コンクリート造(SRC)も鉄筋コンクリート造(RC)も、どれだけしっかり防音を考えて作られたかによって大きく変わってきます。

分譲賃貸マンションは比較的、防音性がしっかりしているものが多いです。

分譲賃貸マンションってなんぞ?という方はこちら

防音性が低いと言われているALC(軽量気泡コンクリート)ですが、ぜんぶが悪いわけでもありません。

ぼくが今住んでいる物件もALCですが、車の音や生活音はほとんど聞こえませんし、快適そのものです。

新築のほうがやはり防音性は高い

僕の場合、ALCなのに防音性がそこそこあるのは、新築だったというのも大きいと思います。

物件は老朽化してくると音漏れもかなり発生してくるので、なるべく新築に近いほうが安心ですね。

老朽化したマンションは、窓のコーキングが劣化して音漏れしやすい

築31年のRCタイプのマンションに住んでたときは、窓枠が微妙に歪んでいたりして、そこから音が漏れやすくなっていました。

さらにこれだけ年数が経つと、窓のコーキング(窓のガラスと枠の間についてるグレーのゴムみたいなやつ)が劣化してくるんですよね…。

そこからも音漏れがしやすくなり、向かいのマンションの中国人のケンカとかよく聞こえていました。

朝に中国人の怒鳴り声で目覚めるのは結構げんなりしましたね…。

外の騒音にも注意

たとえRCタイプのマンションだったとしても、電車の線路が目の前にあったり、救急車がよく通る道路が近くにあるとかなりうるさく感じます。

それだったら奥まったところにある閑静な場所の木造アパートのほうが、実は静かだった…なんてことも。

ちなみに大通りに面した物件は、アパート、マンション問わず、二重窓などで防音対策を取っている物件がオススメです。

建物の気密性は、電気代に大きく反映されます

通常、アパートとマンションを比べた場合、マンションのほうが気密性が高いことが一般的です。

気密性が高いと、湿気が発生しやすくカビが生えやすいというデメリットもありますが、エアコンの効きはバツグンに良いというメリットもあります。

ぼくは新築マンションの1階に住んだんですが、土台部分を含むコンクリートからの湿気がすごく、つねに除湿機を動かしてないと湿度がすごいことになりました。

新築マンションに住む方は注意してください。

マンションとアパートのエアコン比較

例えば気密性の高いマンションの場合、9畳向けのエアコンがあったとします。

ところがそのエアコンをアパートに持って行くと、6畳分くらいしか冷やせないことになっちゃうのです。

これはつまり、アパートのほうが気密性が低いためにムダが生じてしまうため。

エアコンからでた冷たい空気が、木造のスキマを通って外にでちゃったり、逆に外の暑い空気が入ってくるので効率が悪いんですね。

ムダが多い≒その分エアコンががんばるので電気代が多くなってしまいます。

1Kとか1LDKとか、CLとかって書いてあるのはなんなの?【専門用語解説】

ここでは、知ってて得する、というか知らないけどなんとなく聞きづらい専門用語の解説をしていきます。

ワンルーム・・・キッチンと部屋が一体になっているタイプ。

1K・・・1つの部屋+キッチン。

1DK・・・1つの部屋+ダイニングキッチン

※キッチンとダイニングキッチンの違いは広さ

キッチンはたたみ6畳分より狭くて、ダイニングキッチンは6畳より広めというのがだいたいの目安。

1LDK・・・1つの部屋+リビング+ダイニングキッチン

CF・・・クッションフロアーの略。塩化ビニール製のシートを敷いた床で、防音と防水効果があり、掃除が楽だけど、ちょっとチープ。

CL・・・クローゼット。

EV・・・エレベータースペース。

LGS・・・軽量鉄骨造。遮音性はあまりよくない。

MB・・・メーターボックス。

PC・・・プレキャストコンクリート造。防音性能が特にいいというわけでもない。

PS・・・パイプスペース。よく傘などがしまわれているようなイメージ。

RC・・・鉄筋コンクリート造。SRCとさほど変らない。

S・・・サービスルームの略称。普通に言うと、物置。DEN、GR、STO、STRやNとも表記される。

SRC・・・鉄骨鉄筋コンクリート造。RCとさほど変らない。

UB・・・ユニットバス。壁や天井、床とお風呂が一体化してる掃除に便利なお風呂。

UT・・・ユーティリティ。普通に言うと、洗濯機置き場とか洗面台のこと。

WCL(WIC)・・・ウォーキングクローゼット。クローゼットの中が広くて、歩いて中に入れるくらいの収納スペースがある。

打ちっぱなし・・・壁がコンクリートの状態のこと。オシャレなデザイナーズ物件に多い。冬は寒く夏は暑い。

勾配天井(こうばいてんじょう)・・・屋根が斜めになっていたりして、天井が傾いていること。圧迫感がスゴい。

下がり天井・・・天井の一部が低くなっていること。(配管などの出っ張り)

室外機置き場・・・エアコンの室外機を置くスペース。

シャンプードレッサー・・・ハンドシャワーがついたタイプの洗面台。

帖数(じょうすう)・・・数字が大きいほど広いと思って間違いはない。

宅配ロッカー(宅配ボックス)・・・エントランスに設置されたロッカーで、不在時でも宅配便をそこに入れておいてもらうことができる。かなり便利。

ロフト・・・部屋の中に2階がある感じ。

ロフト参考画像

こんな感じですね。

シャレオツで若者に人気ですが、熱が上にこもって死ぬほど暑くなったりするので注意が必要です。

マンションやアパートの築年数って気にするところ?

かなり気にするところです!

築年数とは建物が閑静してから経った年月のことで、例えば築30年というと建物が30才というわけ。

築年数が古いと、設備の老朽化や建物自体の老朽化がひどくなります。

リフォームしてるから築年数古くても大丈夫ですよ!と不動産屋さんに言われたけど・・?

リフォーム(部屋の改装工事)してるから築年数が30年ですけど、まったく問題ないですよ!と不動産さんに言われてもそれを素直に信じてはいけません。

上でも書きましたが、見た目は新築同様にキレイな部屋になっていても、窓枠が歪んでいたりしてやたらと外の音が漏れてきたりするケースもあります。

さらに、玄関のドアのスキマがひどくて廊下で歩く音が聞こえることもありました…リフォーム済のマンションでですよ!?

建物が古いと、いくらリフォームしても新築にはかないません。

ちなみにシェアハウスってなに?

シェアハウスというのは複数の人で一緒に住むことです。

いい人と一緒なら住みやすいですが、自分と合わない人と一緒の空間で過ごすのは地獄なので、気をつけてください。

メリットは費用(家賃や光熱費)が安いということです。

参考:シェアハウスとは?すべての疑問に答えます。

学生寮(アパート)とか学生マンションってどうなの?

学生寮や学生マンションというのは、学生だけが入居できる建物のことをいいます。

食堂やコインランドリーなどの設備が整っていることが多いので、割と便利です。

学生マンションについてはこちらで詳しく書いています。

学生しか入居者にいないので、セキュリティも安心・・・ですが、隣の部屋の学生がパーティーピーポーで、連日パーティを開いていたりするとシンドい、という弱点もあります。

建物自体がちゃんとしたマンション(鉄筋鉄骨造)だったとしても、隣がうるさければどうしても聞こえてきてしまうことも。

マンションかアパートかの違いも大事ですが、隣人や上下階の住人がどんな人かというのも、実はかなり重要なポイントなのです。

騒音トラブルに巻き込まれたくない方のために、こんな記事も書きましたのでよかったら読んでみてください!

物件選び、めんどくさくないですか?

ひょっとして、あなたがこれを読まれているということは、引越しを考えている状態ではありませんか?
物件選びって、一度やったことがある方ならわかると思うんですけど、めちゃくちゃめんどくさいですよね…。
そんな場合に便利なのが「家探しのコンシェルジュサービス」です。
ぼくも実際に使ってみたので、よかったら読んでみてくださいー!

PAGE TOP ↑