引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

アパートとマンションの違いをわかりやすく解説!【初心者必見】


マンションとアパートの違い
アパートとマンションの違いなんてわからないぞ!という方のために、わかりやすく解説していこうと思います(`・ω・´)ゞ

とりあえず結論だけ知りたい!という方のために最初に結論を書いちゃいますと、

アパートとマンションに明確な基準、決まりはありません。

そうなんですよ…。

実は法律ではそういった基準はまったく決められてないのです。

では一体だれがアパートとマンションを決めているの!?

なんかそういう影の組織があるの?という疑問にまるっと答えます。

「アパート」と「マンション」の違いとは?

アパートとマンションに明確な基準はありません(法律的に)

アパートとマンションに明確な基準はありません(法律的に)

明確な基準はないので、アパートもマンションも、言ったもん勝ち的なところがあります。

皆さん、アパートって聞くと、木造で2階建てくらいの安っぽい(失礼)建物を想像しませんか?

でも、大家が「スーパーセレブヒルズ横浜マンション・エクセレントⅢ」なんて名づけたらもうそれはマンションです。

たとえ、隙間風がすごいぼろっぼろの木造の建物でも「エターナルブリザード・マンション・北極圏の微笑み」とか大家さんが名付けたらマンションなんです。

じゃあ、誰がアパートとかマンションとかを決めてるの?

おじさん

「はい、この物件はマンションで、こっちの物件はアパートね!」と決めているのは一体誰でしょう?

それは総理大臣でも近所のおっちゃんでもありません。

正解は、不動産屋さんがなんとなくで決めているのです。適当!

適当と言っても、不動産屋やハウスメーカー、物件探しサイトごとにそれなりの判断基準はあります。

判断基準が異なるので、こっちの不動産屋ではアパートって紹介してたのに、別の不動産屋ではマンションって紹介されてることもあるのです。

「アパート」と「マンション」の違い!判断基準の例

判断基準は不動産屋ごとに微妙に違いますが、一例を紹介します。

建物構造と階数の違い

多くの不動産屋では、物件の「構造」でアパートかマンションかを判断しています。

アパートは「木造」と「軽量鉄骨造(プレハブ工法)」の2種類の構造の建物で、2階建てであることがほとんどです。

マンションは「鉄骨コンクリート造(RC)」「鉄筋鉄骨コンクリート造(SRC)」「軽量気泡コンクリート(ALC)」のいずれかで、3階建て以上の建物を指します。

家賃の違い

アパートはあまりコストをかけずに建てられるので、家賃が安い傾向にあります。

建物もさほど大きくなく、エレベーターもついていないので設備面のコストも抑えられます。なので、マンションに比べると、管理費も安いです!

マンションは建設コストがかかるので、家賃が高めです。建物自体も高さがあるし、エントランスとかエレベーターなど、共有部分もあるので管理費も高めです。

家賃を抑えたい人は、アパートがおすすめですね。

建物の性能の違い

アパートは、木造で出来ているため壁が薄く防音性が低いです。ただ、木造は通気性がよく湿気がこもりにくく、カビの原因になる結露が発生しにくいです。

マンションは、コンクリートが使用されているので壁が厚く防音性が高いです。

コンクリートを使っていると、外との気温差で結露が発生しやすいという欠点も…。

2003年以降に建てられた物件は、24時間換気システムがついていますが、ぞれ以前の物件はついてない可能性があるので、自分で換気しないといけません…。

セキュリティの違い

マンションは、オートロックや共用スペースに監視カメラが付いていて、セキュリティ性が高いです。アパートよりも、世帯数が多く、人の出入りが激しいので不審な人をシャットアウトする必要があるんですね。

アパートと比べて、マンションは高い建物なので、上のほうの階に住めば、泥棒がベランダや窓から侵入する可能性も低くなります。

アパートは、共有スペースが少ないか、あっても廊下や階段くらいなので、オートロックや監視カメラが設置されている建物が少ないです。

また、アパートは2階建てのことが多いので、ベランダや窓から侵入されてしまう危険性があります(´;ω;`)

アパートに住むのであれば、マンションよりも高い防犯意識を持つことが重要になります!

アパートとマンションどちらに住むべき?

アパートに向いている人の特徴

騒音イメージ
・家賃を抑えたい人
・通気性重視の人(湿気が気になる人)
・他人の生活音をあまり気にしない人
・ご近所付き合いができる人

家賃を抑えたいならアパートがおすすめです。

アパートの特徴でもある、木造や軽量鉄骨は生活音がかなり聞こえやすい構造です。

上の人の歩く音、隣の話し声、トイレを流す音などが物件によっては丸聞こえだったりします。

音が気になる方は、なるべく角部屋で最上階がオススメ。

騒音問題は間取りにもよりますが、一番の問題はどんな住人が住んでいるか、です。

ちゃんと防音のことを考えて作られている木造物件なのに、隣からずっとAKBが流れてくるとか、夜中になるとどこからともなくお経が聞こえてくるとかってこともあります。

そこらへんは割と運なのでどうしようもないですけどね…。

あと、アパートは一棟あたりの世帯数が少ないので、どんな人が住んでいるのかが把握しやすいのもポイント!

ご近所づきあいが希薄な現代ですが、顔が見える付き合いをするのもいいのかも。

マンションに向いている人の特徴

・防音性重視の人
・セキュリティ重視の人
・耐震性が気になる人
・なるべくご近所付き合いしたくない人

一般的にマンションのほうが防音性が高く、家賃や共益費(エレベーターの保守代とか)がかかり、費用も高いです。

アパートと違ってマンションは家賃が高いから、みんな防音がしっかりしてるかというとそうでもありません。(そうでもないんかい。)

鉄筋鉄骨コンクリート造(SRC)も鉄筋コンクリート造(RC)も、どれだけしっかり防音を考えて作られたかによって大きく変わってきます。

防音性が低いと言われているALC(軽量気泡コンクリート)ですが、ぜんぶが悪いわけでもありません。

ぼくが今住んでいる物件もALCですが、車の音や生活音はほとんど聞こえませんし、快適そのものです。

「アパート」「マンション」「ハイツ」「コーポ」の意味とは

「アパート」は、英語でいうところのAPARTMENT(アパートメント)が語源です。いわゆる共同住宅のことですね!

ちなみに「マンション」というのは和製英語なので、外国人に言っても通じません。

マンションの語源となったmansionというのは、海外では超豪邸のことを意味します。

外国で言うマンション
例えばこんな感じの家ですね。

なので、外国人に「mansionに住んでるぜ!HAHA!」なんて言ったらどんなセレブだよ、と思われるかもしれません(笑)一億円以上のマンションを「億ション」なんて言ったりもします。

「ハイツ」・・・もともと、高台にある集合住宅のことです。

「コーポ」・・・コーポラスの略称で、高さが中高層(高さが10メートルを超える)物件に使われることが多い。

「メゾン」・・・フランス語で家という意味。

「レジデンス」・・・大邸宅という意味。

大家さんはとにかく横文字を入れたがる

ラルクアンシエル
物件に高級感を持たせるために、大家さんはとにかく横文字をいれてきます。

たとえば、ヴィラ(貸別荘、田舎の大邸宅という意味)、シャルマン(魅力的という意味)、パレス(お城)、アーバン(都会)なんかが多いですね。

「〇〇荘」って名前なのに、六本木にあるタワーマンションだったらそれはそれで嫌ですが…(笑)

部屋を探すのにわざわざ不動産屋に行かなくて良いんです

ネット上で見かけて使ってみた不動産屋とチャットやLINEでやり取りできるサイトこと「イエプラ」が、めちゃくちゃ便利でした。

SUUMOとかHOME'Sには載ってないようなレア物件も紹介してくれて最高だし、自分で探したい人には業者専用のサイトも見せてくれるんです。

外に出るのが面倒な人とか、忙しくて引っ越し先の不動産屋に行ってる時間が無い人におすすめです。

イエプラはこちらから
PAGE TOP ↑