引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

自動車の登録変更を簡単にご説明します。


引越しなどで自動車の住所変更をしなきゃいけないときってありますよね。

車庫証明書も自動車の住所変更もしっかりやっておいて損はありません。

ちなみに住所変更をしなくてもいきなり怒られたりはしませんが、車検証を受けるときに必要な自動車税の納付書がもとの住所に送られてしまうことになります。

引越してすぐの場合は、郵便転送で新しい住所に送られてくるのですが、2年目は転送してもらえません。

車検と同時に住所変更をすることもできますので、タイミングがあればそれでもOKです!

スポンサーリンク

自動車の登録変更の仕方

登録変更の申請に必要なもの

  • 申請書
  • 手数料納付書
  • 住所変更の事実を証明するもの(住民票など)
  • 自動車車検証
  • 印鑑

この5つとなります。

地域によってはさらに自動車保管場所証明書(車庫証明書)も必要になってきます。

申請書は、陸運支局の用紙販売所で手に入れることができます。

※住民票は、かならずマイナンバーが載っていないものにしてください!

陸運支局ってどこにあるの?

お近くの陸運支局はこちらで調べることができます。

登録変更の流れ

  1. 陸運局または陸運支局にある用紙販売所で申請用紙を購入します。
  2. 書類を記入して、提出します。書き方は参考例がありますので心配しなくても大丈夫です。
  3. 自動車税申告書を手に入れます。
  4. ナンバープレートが変わる場合は、今付いているナンバープレートを外して返還指示書とともに返すと新しいナンバープレートがもらえます。
  5. 新しいナンバープレートのとりつけをして手続き完了です!

登録変更にかかる費用について

登録手数料…350円

ナンバープレート交付手数料…約2,000円

申請書…約100円

合計…約2,450円

登録変更の代行業者もあります。

忙しくてなかなか登録変更に行けない…という方でも大丈夫!

行政書士の中には、登録代行をしているところもあります。

たとえばこことかですね。

お値段は1万円を超えちゃうのでちょっとお高いですが、代わりに行ってくれるならそれがいい!という方にはぜひオススメですよー。

物件選び、めんどくさくないですか?

ひょっとして、あなたがこれを読まれているということは、引越しを考えている状態ではありませんか?
物件選びって、一度やったことがある方ならわかると思うんですけど、めちゃくちゃめんどくさいですよね…。
そんな場合に便利なのが「家探しのコンシェルジュサービス」です。
ぼくも実際に使ってみたので、よかったら読んでみてくださいー!

PAGE TOP ↑