引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

格安物件で失敗したくない!格安で成功する物件選びのコツ


できるだけ安い物件で、なおかつ満足度の高いところに引っ越したい!

あなたもそう思っていませんか?

結論から言いますと、「格安でもいい物件はあるけど、探すのは難しい」です。

ちょっとくらい難しくても、格安でいいところに住めるならちょっとがんばってみるか…!というあなたのために、格安物件を探すコツを書いていきたいと思います。

これを読んでぜひ格安でいい物件を見つけ出してみてくださいっ!

格安物件で成功する物件選びのコツ

そもそも普通の物件で安いところはなにかある事が多い

物件選びのサイトで普通に検索したら出てくる物件で、家賃設定が激安のところはなにか理由があります。

例えば…

  • 住める期間限定の賃貸物件(分譲マンションの部屋貸しをしている大家さんに多い)
  • 事故物件(その部屋で誰かが亡くなったり事件があったり)
  • 共益費がバカ高い(家賃を安く見せようとして共益費を高くしているパターン)
  • 駅までがものすごく遠い
  • トラブルが多い住人もしくは大家さんがいるので誰もがすぐにでていく物件
  • 怖い人の事務所が隣近所にある場合

こんな感じの物件は、家賃も割りと安くなっています。

でもこんなとこには住みたくないですよね…。

そうならないように元から家賃が安く設定されているところを探しましょう!

スポンサーリンク

UR都市機構の物件は、礼金、仲介手数料がナシ!

UR都市機構というところが施工、管理している物件は特殊で、礼金や手数料がいりません。

これなら引越し初期費用がかなり格安で済みますよね。

家賃は安いところから高いところまで様々ですが、探せば結構安いところも多いです。

ただし…UR都市機構は、保証人が必要ないという特徴があります。

そういった特徴があるためか、UR都市機構の団地の中には、中国人がほとんどという場合も。

文化の違いはトラブルの元になることも多いので、かならず現地で物件確認をするようにしてください。

入居する時の申込み倍率はだいたい1倍から5倍程度となっています。

UR都市機構サイト

公営住宅は、低所得者向けの賃貸住宅

県営住宅や市営住宅などとも呼ばれています。

なんと家賃設定は普通の物件の半分くらいなことも。

ただし入居する条件は厳しく、手取り収入の上限が決まっています。

さらに入居希望者も多いため抽選になることも。

その倍率は高いときで20倍と言われています。

普通の賃貸物件に住みながら、こまめに抽選に応募しつづけて、当たったら引越しするというパターンが一般的です。

中にはコネで入る人もいるという噂もありますが、普通の人はなかなか難しいでしょう。

公営住宅の探し方…グーグルで、「公営住宅 ○○(地域名)」と検索してみましょう。

ルームシェアは単純に家賃が半分に

友達とルームシェアをすれば、家賃は折半できるので半分になります。

ルームシェアって結構仲いい人同士でもあんまり長くは続かない場合が多いので、短期間で引っ越すと考えていたほうが良いでしょう。

ルームシェアでトラブルになる原因のトップは「異性関係」です。

うーん、なんというかなまなましい…笑

物件を借りるときにも、ルームシェアを前提として貸してくれる物件は非常に少ないので根気強く探すようにしてみてください。

シェアハウスという新しいライフスタイル

ルームシェアとは違うシェアスタイルとして、シェアハウスというものがあります。

知らない人同士で同じ家、もしくはアパートなんかに住むことですね。

シェアハウスについては詳しくこちらにまとめてあります。

これもまた長く住むという感じではありません。

恋人を作って同棲する

うまいこと恋人を作って同棲すれば、ルームシェアと同じかもしくはそれ以上におトクに住むことができます。

極端な話、恋人じゃなくて愛人でもいいんですけどそれはまぁ…。

ルームシェアよりも長続きする確率は高いですが、逆に泥沼にハマってしまう可能性もあります。

他人といっしょに住む難しさですね。

家賃キャッシュバックしてくれるサイトを利用する

家賃はとりあえずそのままでも、入居時にお金をキャッシュバックしてくれるサイトがあります。

なんでそんなことができるのかというと、大家さんが払う広告費を削減できるからなんですが…ちょっと話が長くなりそうなのではしょります笑

もし興味があるのでしたら、家賃キャッシュバックについて詳しく書いた記事があるのでそちらを御覧ください。

通常の物件を手数料無料にするサイトを利用する

上のサイトに続き、こちらは手数料が設定されている普通の物件を手数料無料にするサイトです。

そんなうまい話があるわけが…あるんです。

これもまた広告費を削減することでこういう仕組みができているんですが…詳しい話は別な記事でしています。

通常の物件を手数料無料にするサイトの記事はこちらなので、興味がある方は見てみてください。

格安物件の選び方まとめ

というわけで、誰もが見つけやすい物件なのに家賃が格安!という場合はほとんどの場合なにか理由があります。

家賃のやすさにつられて入居した結果、ここに住むんじゃなかった…と後悔しないようにしっかりと見極めてくださいね!

物件選び、めんどくさくないですか?

ひょっとして、あなたがこれを読まれているということは、引越しを考えている状態ではありませんか?
物件選びって、一度やったことがある方ならわかると思うんですけど、めちゃくちゃめんどくさいですよね…。
そんな場合に便利なのが「家探しのコンシェルジュサービス」です。
ぼくも実際に使ってみたので、よかったら読んでみてくださいー!

PAGE TOP ↑