引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

シェアハウスの予算ってどれくらい?必要なものもコミコミで!


シェアハウスに住むのって賃貸よりも安いと言いますが、どれくらい安いのか気になりますよね?

シェアハウスの初期費用+必要なもの一式だと一体どれくらいかかるのでしょう。

今回はまるっと最初にかかるお金をすべて含めて計算してみることにします!

スポンサーリンク

シェアハウスの予算ってどれくらいかかるもの?

基本となるシェアハウスの一ヶ月分の費用

例:家賃50,000円、管理費(水道光熱費+インターネット代)18,000円、合計68,000円

大体の場合、水道光熱費はどれだけ使っても金額が固定というところが多いです。

物件によっては、水道光熱費を使いすぎるとさらに加算されて請求されてしまうところもあるので、契約時に必ずしっかりと確認してください。

シェアハウスに住むときの初期費用

例:デポジット(いわゆる敷金)50,000円

シェアハウスに住むときは、デポジット、つまり退去するときに返ってくる(ことが多い)お金として、家賃分くらいを預けなければならないところが多いです。

このデポジットがまたクセモノで、退去の時にいろいろ難癖をつけて返さないところもあるようで…。

デポジットが返ってくる条件を入居する前にかならず確認しましょう。

布団

布団は自分で用意してください、というシェアハウスも割とあります。

安いもので良ければ、4,000円くらいで掛け布団、敷布団、枕がセットになったものがあるのでそれにしましょう。

意外と大型スーパーの家具売り場で売っているのが安いことも。

フランフランやロフトなどおしゃれなところは大抵高いので注意です。

タオル

バスタオルは1枚1,000円くらいで売っています。

これも買うお店によっては1枚5,000円くらいになってしまいますので、激安なところで買うようにしましょう。

ネットで買える環境があるのでしたら、楽天などで安く売っています。

最低2枚くらいは欲しいところですね。

ハンガー

物件によってはハンガーがないところも。

これは百均で買えるので、さほどお金はかかりません。

歯磨き粉と歯ブラシ

歯磨き粉と歯ブラシの2つ合わせて300円ほどみておけば良いと思います。

旅行用のセットだと、コンパクトにしまえるのでオススメです。

ほかにもあると良いもの

ドライヤー

自分専用のドライヤーがあると、朝の洗面台が混雑している時にも余裕で髪の毛を乾かせます。

2,000円くらい。

コロコロテープ

部屋の掃除にあると便利なコロコロテープ。

だいたい800円くらいあれば買えちゃいます。

シャンプー

シャンプーも自分専用のがあると良いですよね。

コダワリしだいで値段は大きくかわりますが…だいたい800円くらいで見積もります。

シェアハウスの費用まとめ

今回の計算では、

家賃50,000円+デポジット50,000+管理費18,000円+布団一式4,000円+バスタオル2枚2,000円+ハンガー100円

合計で、124,100円となりました。

賃貸に引っ越す場合だと、40万円前後かかることが多いので、それにくらべたら激安ですね。

家賃が安いところを探せば、さらにもっと安上がりになると思います。

ぜひ自分にあったシェアハウスを探してみてください!

物件選び、めんどくさくないですか?

ひょっとして、あなたがこれを読まれているということは、引越しを考えている状態ではありませんか?
物件選びって、一度やったことがある方ならわかると思うんですけど、めちゃくちゃめんどくさいですよね…。
そんな場合に便利なのが「家探しのコンシェルジュサービス」です。
ぼくも実際に使ってみたので、よかったら読んでみてくださいー!

PAGE TOP ↑