引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

シェアハウスって年齢はどれくらいの人が多い?


シェアハウスに住みたいけど、一体どれくらいの年齢の人たちが多いんだろう…と気になりませんか?

自分だけ年上だったり、逆に年下すぎたりして、話しが合わなかったらちょっと大変そうですよね。

実際にシェアハウスに住んでいる人の年齢、ついでに国籍や職業なども調べてみましたので、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

シェアハウスに住む住人の年齢とその他の情報

年齢で一番多いのは20代から30代前半

年齢で一番多いのは、やはり20代後半から30代前半です。

次に多いのは30代の後半で、その次が20代の前半、40代、50代となります。

一応60代の方もシェアハウスに住んではいますのが、かなりレアです。

年齢的には、シェアハウスのイメージ通りなのではないでしょうか。

 

国籍で一番多いのは日本、ついで中国

やはりいちばん多いのは日本人ですが、次に多いのは中国、韓国、台湾と続きます。

シェアハウスというとなんとなく白人が多そうなイメージですが、意外とそうでもありません。

とはいえ、シェアハウスによってかなりの偏りがあるので、アジア系の人たちが多いシェアハウスもあれば、白人が多いシェアハウスもあります。

職業で一番多いのは会社員

職業別でみると、全体の3割ほどが会社員です。

次に多いのが、学生もしくは、パートやアルバイトの人でそれぞれ1割程度となっています。

ほかにも、地方から上京してきて、職探しをするためにシェアハウスに住むという方も結構多いようです。

たしかに家賃を節約したいときはシェアハウスはもってこいですよね。

住んでる期間で多いのは?

住む期間で一番多いのは、1年から1年半が約3割、さらに半年から1年が2割、さらに短い方が2割で、そのた3割という感じです。

ほとんどの人が、2年未満で出て行くことが多いようです。

やはりシェアハウスはずっと住むというよりは、ちょっとした刺激がある期間、という感じで住んでいる方が多いのではないでしょうか。

出て行く理由は、もともと短期だったり、自身の環境の変化というのがもっとも多いようです。

その次に多いのがトラブルで、約2割くらいの方、つまり10人に2人くらいが人とのトラブルで出て行ってしまっていることになります。

シェアハウスの年齢等のまとめ

シェアハウスに住むなら、20代から30代が一番良いようですね。

40代の方でも、30代に混じって仲良くやっているという話しも聞きますので、ぜひ居心地のよいシェアハウスを探しだしてみてください!

物件選び、めんどくさくないですか?

ひょっとして、あなたがこれを読まれているということは、引越しを考えている状態ではありませんか?
物件選びって、一度やったことがある方ならわかると思うんですけど、めちゃくちゃめんどくさいですよね…。
そんな場合に便利なのが「家探しのコンシェルジュサービス」です。
ぼくも実際に使ってみたので、よかったら読んでみてくださいー!

PAGE TOP ↑