引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

シェアハウスの個室って狭いイメージがあるけど、実際どうなの?


個室イメージ

シェアハウスといえば、おしゃれな共有スペース、さわやかな男女、ちょっと狭いけど、必要最低限のものが揃っている個室…というイメージなのは僕だけでしょうか?

そもそもシェアハウスは家賃が安いところも多く、個室はある程度狭くてもしょうがないと思っている方も多いと思います。

ですが、実はシェアハウスでも広々とした個室がある物件もあるのです。

僕の一人暮らし部屋より広い部屋もあったりして、ちょっとうらやましい…!

というわけで、今回は、シェアハウスの個室あれこれを書いていきたいと思います!

スポンサーリンク

シェアハウスの個室って実際どうなの?

シェアハウスの個室の広さ

シェアハウスの個室は、6畳くらいから、広いところだと15畳もある物件も存在しています。

広いところだとお高いんでしょう…?と思いがちですが、意外とそれほど高くありません。

例えば、10畳の部屋でも75000円くらいで借りれたりします。

同じエリアで一人暮らし用の10畳の部屋を借りるよりは、シェアハウスで10畳の広さの個室に住むほうが断然家賃は安くなることが多いです。

ちなみに安いシェアハウスだと、個室有りで15000円くらいのところからあります。

ただし、あんまり安いところだと、隣の部屋の音が丸聞こえな場合も…。

内覧に行った時には、部屋に入って一旦ドアを閉じて耳をすましてみて、どれくらい騒音が聞こえるのかチェックしてみてください。

シェアハウスの個室に最初からあるもの

シェアハウスによってそれぞれ違いますが、基本的には、エアコンやベッドは標準で備え付けられています。

ほかにも、机、椅子、クローゼット、小さい本棚、テレビ、冷蔵庫などが備え付けられているシェアハウスもありますので、手荷物だけで引越しをすることも可能です。

最初から備え付けられている家具がイヤだな、と思った場合は、引越し前に家具を外してくださいと言えば外してもらえることも多いので、不動産屋さんにぜひ聞いてみてください。

食器やレンジ、炊飯器などは、共有スペースのキッチンにあります。

スポンサーリンク

個室って鍵があるの?

ほとんどのシェアハウスはちゃんと鍵がついています。

しかし、前に住んでいる人のときから鍵を変えない場合も多いので、誰かがスペアキーを作っているという可能性もなくはないので、100%安全とは言い切れません。

それは一人暮らしの時も一緒ですけどね…。

シェアハウスによっては部屋に鍵がなく、部屋の中に鍵付きの物入れがあるというパターンもあります。

女性の場合は特に重要だと思いますので、引越し前に必ず鍵があるかチェックしましょう。

 

物件選び、めんどくさくないですか?

ひょっとして、あなたがこれを読まれているということは、引越しを考えている状態ではありませんか?
物件選びって、一度やったことがある方ならわかると思うんですけど、めちゃくちゃめんどくさいですよね…。
そんな場合に便利なのが「家探しのコンシェルジュサービス」です。
ぼくも実際に使ってみたので、よかったら読んでみてくださいー!

PAGE TOP ↑