引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

シェアハウスの共益費は単純に金額だけで比較してはいけません。


掃除用品イメージ

シェアハウスに引っ越そうと思った時に、共益費はなるべく安いほうがいいかな…と考えていませんか?

確かに安いにこしたことはないのですが、実はシェアハウスはそれぞれ共益費の使い方が結構違っているのです。

共益費が安いところはなにかにつけ不便だったり、逆に共益費が高いところは充実したサービスが受けれたりします。

今回は、割と不透明な共益費について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアハウスの共益費とは!?失敗しない見分け方

そもそも共益費ってなに?

共益費の内訳は、水道光熱費+管理費(共用部分の掃除など)+インターネット代+消耗備品費(トイレットペーパーなど)となっています。

シェアハウスによっては、消耗備品費は共益費に含まれないというところもあるので、注意してください。

ほとんどのシェアハウスはインターネット設備は完備していますので、インターネットを使う使わないに関わらず、インターネット代は共益費に含まれることが多いようです。

共益費に消耗備品費が含まれている時に困ること

共益費の中に、消耗備品費が含まれていると、それはそれで人によっては不便に思うことが出てきます。

それは、「洗剤やトイレットペーパーなどの消耗品が自分でブランドを選べないこと」

お気に入りの柔軟剤や洗剤を使いたい!という場合は、さらに自分個人で別途購入しなければいけません。

共益費の中に洗剤代が含まれているにも関わらず、自分でも購入しなければいけないというのはちょっとヘコみますよね…。

まぁこだわらなければいいだけなのですが、匂いに関する部分はこだわりたい、という方も多いと思います。

共有部分の清掃、と一口に言っても、頻度が違うので注意!

共益費の中には、共用部分の清掃を業者に頼む費用が含まれていることがほとんどです。

しかし、清掃をする周期は、シェアハウスによってそれぞれなので、必ず引越し前に確認するようにしてください。

少ないところだと週に1回、多いところは週に4回というところもあります。

共益費が高いシェアハウスの傾向

一般的に、共益費が高い物件ほど、豪華な物件になります。

たとえば、ヨガスタジオがついていたり、シェアハウス自体が広々としていたり、ビリヤード台があったりなどすると、その分共益費は高くなります。

オシャレでドラマチックなシェアハウス生活をしたい、という方は、共益費の高さはある程度覚悟しておいたほうが良いでしょう。

共益費のメリット

共益費のメリットとしては、水や暖房、インターネットなどが使い放題なことです。

月々の固定費なので、どれだけ使っても金額は変わりません。

寒い時や暑い時は、はガンガン暖房をつけるぜ!という方にはピッタリですね。

※シェアハウスによっては固定費じゃないところもあります。

共益費の判断ポイントまとめ

共益費が高いか安いか、適切なのかどうかを判断するポイントは、

  • シェアハウスの設備の良さ
  • 共有部分の清掃は週に何回あるか
  • 消耗備品費は含まれるか
  • インターネットの回線は遅くないか

以上の4点に注意して、共益費が高いか安いかを判断するようにしましょう!

物件選び、めんどくさくないですか?

ひょっとして、あなたがこれを読まれているということは、引越しを考えている状態ではありませんか?
物件選びって、一度やったことがある方ならわかると思うんですけど、めちゃくちゃめんどくさいですよね…。
そんな場合に便利なのが「家探しのコンシェルジュサービス」です。
ぼくも実際に使ってみたので、よかったら読んでみてくださいー!

PAGE TOP ↑