引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

千代田区の住みやすさを徹底検証!


千代田区

千代田区は、オフィス街が多く、土日は非常に静かなエリアが多い地区です。

家賃も高めの物件が多く、割とセレブな人が多いですが、もちろん普通な方々もたくさん住んでいます。

ただ、神田などはもともとの物件数が少ないので部屋探しは苦労するかもしれません。

スポンサーリンク

千代田区のデータ

人口
55,978人(平成27年12月)
少ない多い

 

犯罪件数(警察が把握している数)
3,593件(平成26年)前年-112
少ない多い

 

犯罪発生率
6.41%
少ない多い

 

外国人居住数
2,605人(平成27年12月)
少ない多い

 

住みやすさ
住みにくい住みやすい

 

家賃相場
1DKで14万円(平成27年12月)
安い高い

参考:警視庁

参考:千代田区公式

参考:一人暮らしをされる方へ、治安のお話

千代田区の特徴

地図上で言うと、千代田区の上が文京区、下が港区で、右が台東区、中央区、左が新宿区です。

千代田区の家賃相場は1DKで14万円ほどするので、かなり高めの相場になっています。

秋葉原とか住んでみたいなーと思って探した時もこれくらいの価格でビックリしました。

とはいえ、築年数が古いアパートでしたらもっと安く借りれるとは思いますので、諦めずに探してみるのも良いと思います。

千代田区の中には、皇居や国会議事堂などもあり、治安はかなりいい場所が多いです。

神田の住みやすさ

家賃相場:1DK14.3万円

神田は主にビジネス街としての面が強い街です。

家賃も高めで、スーパーが少ないので、あまりおすすめはできない場所かも…。

秋葉原のすぐお隣なので、秋葉原好きな方にはいいかもしれませんが、それでしたらいっそのこと秋葉原に住んだほうが良さそうです。

神田の住みやすさについてはこちら

秋葉原の住みやすさ

家賃相場:1DK14.3万円

秋葉原は言わずと知れたオタクの聖地です。

賃貸も意外とありますが、家賃は全体的に高めなので、住みたい物件に住めるかは難しい問題です。

治安が良さそうなイメージの秋葉原ですが、実はそれほど良くもなかったりするので、必ず現地を確かめてから引越しをするようにしましょう。

秋葉原の家賃相場は、1DKでだいたい12.5万円ほどです。

秋葉原駅は、中央総武線、京浜東北線、山手線、東京メトロ日比谷線、つくばエクスプレス線などが通っており、交通の便はものすごくいいですが、駅はかなり混雑しています。

秋葉原の住みやすさについてはこちら

御茶ノ水の住みやすさ

家賃相場:1DK14万円

御茶ノ水はほとんどがオフィス街です。

近くに大きなスーパーはありませんので、生活は結構不便を感じることも。

駅周辺には東京医科歯科大学や大学病院などがあり、関係者であれば住むのもアリかもしれません。

秋葉原も隣なので歩いていけます。

御茶ノ水の住みやすさについてはこちら

神保町の住みやすさ

家賃相場:1DK14.5万円

神保町は古本屋の街です。

ビジネス街ですが、飲食店も数多くあります。

外食で困ることはありませんが、スーパーが成城石井(セレブスーパー)しかないので、自炊派の方にはちょっと不便かもしれません。

しかも家賃はかなり高めで1DK14.5万円が相場となっています。

千代田区のうわさ

・都内で一番人口が少ない区である。

・オフィス街が非常に多い。

・皇居周辺はジョギングをしている人が多い。

千代田区に引越しするべき?まとめると…

・交通の便はかなり良い。

・スーパーがない駅が多い。

・なにげに家賃が高い。

・秋葉原に週2で行く!という方にはぜひ引越しをおすすめします。

物件選び、めんどくさくないですか?

ひょっとして、あなたがこれを読まれているということは、引越しを考えている状態ではありませんか?
物件選びって、一度やったことがある方ならわかると思うんですけど、めちゃくちゃめんどくさいですよね…。
そんな場合に便利なのが「家探しのコンシェルジュサービス」です。
ぼくも実際に使ってみたので、よかったら読んでみてくださいー!

PAGE TOP ↑