引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

同棲の準備【身も心も】ホントにそれであってますか?


悩むカップルイメージ

恋人といよいよ同棲をすることになった!

楽しみだけど、なにをしたらいいんだろう…と悩んでいませんか?

最初にキチンと決めることを決めておかないと、あとあとケンカの原因にもなったりします。

事前のルール決めや、お互いの両親に挨拶するかどうかなど、しっかりと確認しておきましょう!

スポンサーリンク

同棲の準備、イマドキの常識

両親に挨拶するってホント??

同棲をするときは両親に挨拶するべき!という方としなくてよいと言う方、実はどちらの場合もありえます。

結婚を前提にしたわけでもないのに、会いにこられても困る、と考える親もいれば、大事な娘(息子)と一緒に暮らすのだから挨拶にきて当たり前、という親もいるので、一概にどっちが正しいとは言えません。

しかし、ある程度若いうちの同棲は、挨拶をしないことが多いようです。

ぼくはというと…してませんでした!

数年後に会うことになったんですが、特に怒られることもなく普通に挨拶できましたので、特にしなくても問題なかったです。

参考:同棲の時の挨拶はどうする!?

相手の一ヶ月の生活費を把握しておく

同棲前に、必ず相手の一ヶ月分の生活費を把握しておきましょう。

同棲した後に、ものすごいお金をじゃんじゃん使う人だった、なんてことになったら大変です。

金銭感覚というのは、意外とお互い知っているようでズレていることがあるので、同棲前には必ず確認するようにしましょう。(とくにキャバ嬢、風俗、ホストの経験者はかなりずれてることも。)

参考:同棲の生活費ってどれくらいかかる?

お互い貯金はどれくらいか、貯金にたいする考え方はどうか確認する

貯金をする人としない人では、20代でも数百万円の差があります。

一緒に同棲する人が、貯金にたいしてどう思っているか確認しておいたほうが、のちのちのトラブルになりません。

同棲すると、「俺にばっか金を使わせて、おまえは貯金しやがって!」なんていうケンカもおこったりしちゃうんです。

そうならないように、同棲したら貯金はどうするかを決めましょう。

ぼくのおすすめは、2人で同じ額を貯金して、もし万が一別れたときは半分ずつもらうようにするという方法です。

相手がギャンブルにハマってないか確認する

相手がパチンコやパチスロにハマってないか確認しましょう。

どれだけ2人で稼いでも、彼氏のパチスロ代に消えてしまう…なんていう昼ドラ的な悲劇はマジでヤバいです。

相手がマルチ(ねずみ講・ネットワークビジネス)にハマってないか確認する

同棲する相手が、ヤバめの仕事にハマってないか確認しましょう。

マルチはほんとに友だちをなくします。(欲しくもない商品をいろんな人に進めまくるため)

しかも、あれで本当に儲かってる人ってごく一部なんですよね…。

お互いの生活スタイルを確認する

例えば、片方が社会人、もう片方が学生だった場合は、朝と夜ご飯は一緒に食べれます。

しかし、どちらかが昼職、どちらかが夜の仕事だった場合は、生活スタイルがまるで違ってきます。

その結果、お互いすれ違いになってしまって、同棲しているのに同棲っぽくなかった…なんてことも。

一緒に住んだ時に、どれくらい一緒に過ごせる時間があるかタイムテーブルにまとめてみると、イメージがしやすいと思います。

同棲前の家デートをしたときなどに、タイムテーブルを作ってみるのもアリです!

新しい部屋を借りる場合は、2人で探す

新しい部屋を借りて2人で住むという場合は、なるべく2人一緒に探しましょう。

どちらかが部屋を決めてしまった後に、なにか不便なことがあると、それがケンカの原因にもなったりします。

お互いが納得した上で部屋を借りるようにしましょう。

参考:賃貸選びの後悔しない20のポイント

参考:同棲に最適な間取り。失敗して別れないために

引越し費用はできるだけ安く抑える

引越し費用は、引越し業者によってものすごく金額に差がでます。

なるべく安くて安全な業者に頼むようにしましょう。

オススメのやり方は、ネットで引越し業者一括見積もりを頼むことです。

僕のすごくオススメな引越し見積もりサイトはこれ一択です。

1回の入力で、何社もの引越し業者から見積もりが届くので、その中で一番良さそうなものを選ぶだけなので、かなり便利と言えます。

参考:近所(もしくは日本国内)への引越しをできるだけ安く済ませる方法

相手の料理や家事のスキルをみておく

相手が料理や家事がまったくダメで、あなたもぜんぜんできなかった場合、即座に家はゴミ屋敷と化してしまいます。

そうならないためにも、2人できちんと生活していけるのか、お互いの家事スキルを見なおしてみましょう。

自炊をする前提で同棲を始めた後で、2人とも料理がヘタだった…なんていう悲劇も防げます。

2人だけのルールを決める

外出して夜遅くなるときは事前に連絡するなどのルールを決めておきましょう。

ゴミ捨てはどっちがするとか、掃除はどうするとか、意外とこういう些細なことが原因でケンカになっちゃうもんです。

それを防ぐためにも、最初にルールを決めておきましょう。

同棲の最初に準備しておくものリスト

超最低限!本当にないと困るもの

カーテン これがないと外から丸見えになっちゃいます。意外と忘れやすいものナンバーワン。
照明器具 最初からついている物件と、ついてない物件のどちらもあるので、かならず確認しましょう。LED照明の場合、部屋の広さ+ワンランク上がおすすめ。
テレビ 喧嘩したときの気まずい雰囲気をごまかすための必須アイテム。
食器類 300円均一、もしくは余裕があればフランフランで揃えると、勝手にオシャレな雰囲気になります。
布団 シングルで2人はキツいので、なるべくならセミダブル以上がおすすめ。シングルだと狭すぎて、相手に押し出されて夜中に寒くて起きてしまうことも。
洗濯機 ない場合はコインランドリーという手もありますが、めちゃくちゃめんどくさいです。
冷蔵庫 ないと結構しんどいです。
ドライヤー ないと結構困ります。
ヘアアイロン 髪型によってはないと結構困ります。
バスタオル これも意外と忘れやすいので、しっかり用意しておきましょう。
トイレットペーパー ないと地獄。
サニタリーボックス 男性に日用品の買い出しを任せると、ぜったいに忘れられるものナンバーワン。

ほかにももっと詳しく書いたのは、同棲する時の失敗しない必要な物リストになります。

普段あるものがないと、結構ストレスになってしまいます。

例えば、トイレットペーパーがなかったりしたら、イライラっとくることもありますよね?

そういう小さな原因でケンカになってしまうこともあります。

生活必需品はきちんとチェックし、買い忘れのないようにしておきましょう。

逆に要らないものまで買って、同棲を始めたら部屋がごちゃごちゃになった、なんてことにも注意です。

ちなみに冷蔵庫や電子レンジは、最初のうちは近くにコンビニがあればなくてもそこそこなんとかなります。

早いうちに揃えたいところですが…。

同棲のココロの準備

相手の短所を許せるか

同棲してお互い長く一緒にいると、今までは許せていた相手の気になることが、だんだんとストレスになってくることがあります。

相手のダメな部分は、同棲をすればするほど見えてきちゃうものなんですよね…。

我慢できなくて別れる!なんてことのないように、最初から覚悟しておきましょう。

参考:同棲で別れる理由とタイミング

プライベートな時間がなくなる、もしくは減ることへの覚悟

一人暮らしをしている人は特に、プライベートな時間がなくなることは覚悟しておいてください。

もともと性格的にプライベートな時間が欲しい方は、なるべく自分だけの部屋を作りましょう。

となると、間取りは2LDKくらいは必要になってきます。

ワンルームだと、常に顔を合わせてる&自分だけの空間という気がしないので、知らず知らずのうちにストレスが溜まってしまうことがあるので注意してください。

女性を捨てない

プライベートな時間がなくて毎日顔を合わせていると、女性も羞恥心が少なくなってきてしまいます。

普段から下着姿で歩いてしまって、一気に彼氏にさめられてしまうことも。

同棲するとついやってしまうこと

  • ムダ毛の処理をしない(もしくは頻度が減る)
  • お尻でも痒かったらボリボリ掻いてしまう。
  • 化粧が手抜きになる。
  • おならをするのが抵抗なくなる。
  • 食べ方に気を使わない(音を立てて食べたり、肘をついて食べたり)
  • 女性なのに彼氏のトランクスを履く。(彼氏の趣味趣向によってはアリ)
  • 台所に洗ってない食器を放置。
  • 愚痴や悪口を常に言ってしまう。

普段から好きな人と一緒にいるという意識を持って、お互いの時間を大切にしつつ、プライベートな時間も作りやすい環境にしておくとよいです。

参考:彼氏と同棲するときに絶対してはいけないコト

物件選び、めんどくさくないですか?

ひょっとして、あなたがこれを読まれているということは、引越しを考えている状態ではありませんか?
物件選びって、一度やったことがある方ならわかると思うんですけど、めちゃくちゃめんどくさいですよね…。
そんな場合に便利なのが「家探しのコンシェルジュサービス」です。
ぼくも実際に使ってみたので、よかったら読んでみてくださいー!

PAGE TOP ↑