引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

同棲をするための失敗しない必要なものリスト


悩む人イメージ

同棲をしたいときってわくわくしてたまりませんよね!

でも、急ぎすぎて必要なものを揃えることができずに、それが原因でケンカになってしまうことも…。

そんな失敗をしないためにも必要なものリストを作ってみました。

今回は、家具や家電、日用品を中心に書いていきたいと思います。

お金にかんする初期費用は、同棲をする時の初期費用という記事で書いてありますので、そちらもよかったらご覧ください!

スポンサーリンク

同棲で失敗しないために!必要なものリスト

リビングで必要なものリスト

項目 注意点
カーテン カーテンは遮光性が1級のものがおすすめ。特に女性は防犯の観点から部屋の明かりが漏れないものを。
照明器具 天井につける照明、いわゆるシーリングライトというものです。LEDタイプのものにしましょう。部屋の広さ+1つ上のランクが明るさ的におすすめです。
テレビ お店で見るとそんなに大きくないかな…と思っていても、部屋にいれると意外と大きかったりするので気をつけて。
掃除機 お金がないときはコロコロローラーとフローリングモップでも充分。
カーペット・ラグ もしお金に余裕があれば、カーペットやラグを敷くとかなりオシャレ度が増します。あと素足が気持ちいいので気分転換にも。
エアコンが付いているかチェック エアコンは大抵の物件にはついていますが、たまについてないところもあるので確認しておいてください。
ソファ 2人掛けのソファをラブソファといいますが、これがあるとケンカしたときなんかに仲直りしやすいです。(体験談)

キッチンで必要なものリスト

項目 注意点
ダイニングテーブル・チェア もし広さに余裕があれば、食事用のテーブルとイスがあれば部屋にメリハリが生まれ、よりオシャレな部屋にしやすくなります。
食器・コップ類 食器は安くてもかわいいものやオシャレなものが売っている(300円均一等)ので、なるべく節約しましょう。
お箸・スプーン・フォーク・ナイフ こちらも安くてオシャレなものを探すのが良いです。食器を買ったところで一緒に買うと、インテリアが統一されます。
冷蔵庫 冷蔵庫は自炊をするか、冷凍食品が好きな人はできるだけ大きいものを。そうじゃない人は小さいもので充分です。
電子レンジ スチームオーブンなどの追加機能は買った初日くらいしかつかいません。(実体験)
炊飯器 2人なのでそれほど大きいものは必要ありません。ふたりとも働いている場合は、予約機能があると便利。
ホットプレート 必要あれば、ですが、これがあると家でたこやきパーティーができます。ぼくは彼女とケンカして仲直りしたときによくしてました笑
照明器具 リビングと別になっている場合、照明が最初からついているか確認してください。キッチンだけは最初からついている場合もあります。

寝室で必要なものリスト

項目 注意点
ベッド・シーツ・毛布・枕 フランフランが可愛い&そこそこ安いのでおすすめ。ネットでやたらと安いものは素材がペラペラじゃないか注意。
サイドテーブル あると意外と便利なサイドテーブル。ベッドの横において、飲み物や雑誌なんかを置いて置けます。安いものは3,000円くらいからあります。
カーテン 忘れてはいけないカーテン。ぼくは初日に忘れて、窓から丸見えのまま寝てました。
ハンガー 意外と忘れがちなハンガー。100均でも良いので揃えておきましょう。
照明器具 LEDタイプで、色が変えれるものがおすすめ。暖色系などにすると、ぐっすり寝れますし、ちょっとムーディな感じにもなります。

洗面所とお風呂で必要なものリスト

項目 注意点
洗濯機 余裕があれば、ドラム式洗濯機を買うと、乾燥までボタン1つでやってくれるのでかなり便利。
ドライヤー 彼氏が勝手に買っちゃうと、彼女に怒られる確率ナンバーワンの家電です。2人で決めましょう。
洗濯カゴ これがないと脱いだものがとっちらかります。ぼくはあってもとっちらかってよく怒られてます。
バスタオル・タオル バスタオルは枚数があっても困りませんが、少ないと困ります。忙しくて洗濯がなかなかできないときのために多めに買っておきましょう。
足ふきマット これがないと洗面所がびちょびちょになって怒られます。ぼくは怒られました。
服用の洗剤、柔軟剤 洗濯機だけではキレイになりません。洗剤や柔軟剤も忘れずに。

その他必要なものリスト

項目 注意点
本棚 本を読まないのであれば必要ありませんが、あったらあったで、本以外も収納できるので便利。なるべく背が高いのほうがスッキリ見せれます。
大きめの鏡 いわゆる姿見というものです。これがないと全身のコーディネートがうまくいっているのか確認できません。
加湿器・除湿機 最初はいらないや、と思ってたのですが、結局どっちも買っちゃいました。
空気清浄機 これも要らないかな…と思ってたのですが、花粉症気味になったときにあるとめちゃくちゃ便利なので音速で買いました。
シャワーカーテン お風呂とトイレが一緒になっている物件の場合は必須なアイテムです。
フライパン・フライ返し・鍋 自炊をする人は必須です。
トイレットペーパー 誰もが必要とするアイテムです。これがないとかなりツラい。
ドライバーセット プラスドライバーとマイナスドライバー、ペンチくらいはあるとなにかと便利です。

リストの詳細

カーテン

意外と忘れてしまいがちで、忘れると結構恥ずかしいのがカーテンです。

カーテンがないと、夜には外から丸見えになってしまいますので、必ず揃えましょう。

一応、レースのカーテンとブラインドカーテンの両方があると便利です。

レースのカーテンは、外から中が見えづらい「ミラーレースカーテン」というのがありますのでそれが断然オススメ。

ぼくも使ってますが、普通のカーテンよりも覗かれにくい感じがするので結構良い感じです。

Amazonでももちろん売ってますし、ニトリなんかにもありますよ!

普通のカーテンのほうは、ぜったいに遮光カーテン(1級)がオススメです。

これが一番光を通さない素材なので、もし朝ちょっと寝坊したいな…というときに絶大な効果を発揮します。

あと、光を漏らさないというのは防犯上の点からも重要だったりします。

外から見て部屋の明かりが漏れてるかどうかで、生活リズムを泥棒などに把握されてしまうと、部屋の明かりがついてないときを狙って盗みに入られてしまう危険性も…!

遮光カーテンを買う際の注意点としては、かならず1級を選ぶようにしてください。

2級だと光が漏れてしまいます。

オススメのショップ

Amazon・・・検索で「遮光カーテン 1級」で検索すれば安くて良いのが出てきます。

ニトリ・・・こちらも「遮光カーテン 1級」で検索すると1300円から4000円くらいものものが見つかります。

ベッド、シーツ、毛布、枕

ベッドやシーツ、毛布やまくらも忘れずに!

シーツの柄は結構好みがでますので、選ぶときは恋人とかならず一緒に選ぶようにしましょう。

ぼくは何回ダサいダサいと言われたことか…(´;ω;`)ウッ…

オススメのショップ

フランフラン・・・女の子ウケを狙うなら間違いなくココ。

NOCE(ノーチェ)・・・安くてシャレオツな家具がそろっています。

タオル

身体を拭く時に、ボディタオルだけの人とバスタオルを使う人、さらにはバスタオルは毎回洗う人と3回くらいに1回で洗う人など、結構人それぞれです。

同棲をし始めてから、「バスタオルが少なすぎて洗濯が間に合わない!」なんてことにならないように気をつけましょう。

バスタオルは値段がかなりピンキリであるので、自分にあった価格帯のものを選んでください。

安いやつは1000円くらいから、高いものは15,000円を超えるものまであります。

前にロフトで買ったら4000円くらいしました(´・ω・`)

さすがに4000円だと結構ふわふわで肌触り抜群です。

オススメのショップ

Amazon・・・タオルを買うなら安くて便利なAmazonで問題ありません。おすすめは、今治(いまばり)タオルです。

トイレットペーパー・ティッシュ

消耗品なので、できるだけ安い時に買っておきたいですが、最初はとりあえずちょっと高くても揃えておきましょう。

コンビニで買うと高いので、なるべくドラッグストアやスーパーで買うことをおすすめします。

ぼくは一人暮らしなので、贅沢にダブルで!笑(ダブルはシングルよりもふきごこちが柔らかいのです)

オススメのショップ

楽天・・・トイレットペーパーを安く買うコツは、まとめ買いです。少ない量で買うと送料がかかってしまいますので、かならずまとめ買いをして送料無料にしましょう。

冷蔵庫

冷蔵庫は自炊をするかどうかで大きさを決めるといいと思います。

毎日自炊をするのであれば、野菜室の大きさはかなり重要です。

逆に自炊をしないのであれば、小さい安物でもいいのですが、「音の大きさ」には注意して買うようにしましょう。

寝室と同じ部屋に騒音がウルサイ冷蔵庫があると、かなりのストレスになります。

オススメのショップ

カカクコム・・・ショップではありませんが、かならず!かならずここで最安値をチェックしてから家電量販店に行ってください。

「カカクコムだとこの値段で書いているんですけど…」って言えばだいたいそれに合わせた値段にしてくれるところが多いです。

※ポイントがあるお店(ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ヤマダ電機など)は、ポイント分を差し引いて同じような額という感じになることがほとんどです。

洗濯機

洗濯機はもしお金に余裕があれば、ファミリーサイズのドラム式洗濯乾燥機を買うと、かなり楽ができます。

洗濯物を入れてボタンを押すだけで、乾燥までやってくれるのでとても便利ですが、結構お値段が高いのがネックです。

お金に余裕がなければ、最初は普通の全自動洗濯機でがんばってみましょう。

ちなみにぼくはドラム式洗濯機を買って、引っ越しをしたさいに新居にドラム式洗濯機が入らず、新しく小さいドラム式洗濯機を買いなおした経験があります。

古い建物だと、ドラム式洗濯機が入らないことがあるので、買うときは十分に注意をしてください。(特に、洗面所のドアを通るかどうかも重要です)

オススメのショップ

カカクコム・・・これも基本は冷蔵庫と変わりません。

店頭価格そのままで買うとかなり損をしてしまいますよ!

電子レンジ

電子レンジは意外と安いものでも結構使える製品が多いので、なるべくリーズナブルなものにしましょう。

日本のメーカーが安定していてオススメです。

ぼくは奮発してスチーム料理ができるものを買いましたが、お弁当を温める以外に使用していません。

オススメのショップ

カカクコム・・・言わずもがなですね。

食器

これもかなり好みがわかれるので、カップルで一緒に買いにいくことをおすすめします。

おしゃれでそこそこリーズナブルな食器といえば、フランフランや、ロフト、イケアなどが有名です。

フランフランの食器があると、女の子が来た時に、かわいー!とか言われちゃいますよ!

オススメのショップ

フランフラン・・・シンプルだけどかわいい食器が揃ってます。

IKEA(イケア)・・・安くてシンプルな食器といえばココ。

無印良品・・・無難でそこそこいい質なので、非常に使い勝手が良い食器です。

テレビ

あまり部屋が大きくない場合は、31インチ程度がオススメです。

お店でみると31インチのテレビは小さく見えますが、部屋に入れると結構大きく感じます。

できるだけ薄型のものを選ぶのが部屋を広く見せるコツです。

オススメのショップ

カカクコム・・・先日ちょうどテレビを買ったのですが、ビックカメラではカカクコム並の値段にはしてくれなかったものが、ヤマダ電機ではしてもらえました!

かなりギリギリの値段だったので、メーカーから来ている方に値段交渉したのがよかったようです。

テレビ売り場には、それぞれメーカーのジャンパーを着ている店員さんがいますので、自分がほしいメーカーの方に交渉するようにしてみましょう。

掃除道具

これは結構悩むところなのですが…もし部屋が小さいのであれば、電気掃除機は必要ないというかジャマになってしまうこともあります。

クイックルワイパーだけでも結構なんとかなります。

吸引力がすごいと有名なダイソンですが、音がものすごく大きいものがあるので、買う前にかならず音の大きさを確認してみてくださいね。

オススメのショップ

カカクコム・・・みんなだいすきカカクコム。

洗面道具

洗面用具は、なるべくコンパクトなもので揃えるようにしましょう。

バスルームって結構狭いんですよね…。

とくに、バス・トイレ一緒のタイプはあんまり置けないので、厳選する必要があります。

オススメのショップ

近所のドラッグストア・・・なんだかんだで近所で買っちゃいますよね。もしこだわりがある方は、フランフランやロフト、ハンズなどに行ってみてください。

キッチン用品

キッチンにものを置き過ぎると、食器を洗って置いておくスペースがなくなってしまいがちです。

なるべく最初は、食器洗剤くらいだけにしておきましょう。

オススメのショップ

ロフト・・・ちょっとオシャレなキッチン用品を探しているのであれば、ロフトが便利です。

なにげにかわいい商品や、スタイリッシュなものが見つかりますよ!

洋服

とりあえず今の時期に着るものと、次の時期のものをちょこっと持っていけば安心です。

最初から全部持って行くと、量がすごくなってしまってクローゼットに入らない!なんてことも…。

ハンガーと干すための棒など

洗濯をしたあとで、ハンガーを買い忘れていることに気がついたら悲劇ですよね。

洗濯をする前にかならず買ったかどうか確認しておきましょう!

オススメのショップ

ロフト・・・ハンガーなどもロフトだとちょっと高いですが、質がいいものが置いてあります。

安さ重視でいくのであれば、Amazonがオススメ。

彼氏(彼女)の部屋が住んでいる部屋に同棲しに行くとき

洗面道具

歯磨きブラシなどを彼氏の家に置いておくと、いかにも同棲してる!って感じになりますよね。

さすがに歯磨き粉などは相手の家にあると思いますので、歯磨きブラシだけ持っていけばいいと思います。

洋服

洋服はなるべく最小限で持っていくようにしましょう。

すでにクローゼットは相手の服でいっぱいになっているはず…。

ヘアアイロンや化粧品、コンタクトレンズの洗浄セットなど

女性の方は、ヘアアイロンや化粧品、コンタクトレンズをしている方はその洗浄セットも忘れないように持って行って下さい。

化粧落としは意外と忘れやすいので気をつけて!

物件選び、めんどくさくないですか?

ひょっとして、あなたがこれを読まれているということは、引越しを考えている状態ではありませんか?
物件選びって、一度やったことがある方ならわかると思うんですけど、めちゃくちゃめんどくさいですよね…。
そんな場合に便利なのが「家探しのコンシェルジュサービス」です。
ぼくも実際に使ってみたので、よかったら読んでみてくださいー!

PAGE TOP ↑