引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

大学生と同棲してみたらこうなった。


大学生の同棲イメージ

大学生になって、同棲をしてみたくなった!という方は多いのではないでしょうか。

僕も大学生と同棲して3年も一緒に生活していたことがあります。

実際に同棲をするのとどういったメリットがあって、どんなことが困るのか、その部分をしっかりと書いていきますので、同棲を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

大学生と同棲をするとこうなった。

社会人(彼氏)×大学生(彼女)だった場合

彼氏が社会人だった場合、割りとうまくいくことが多いと思います。

僕も、僕のまわりも長く続いている人がほとんどでした。

メリット:彼氏が社会人だと生活が安定する

金銭的にも安定している社会人と生活することで、彼女(大学生)のライフスタイルも安定してきます。

特に、働いている人はこんな感じなのか、と彼女が学ぶことも多いです。

逆に、彼氏にしてみれば、時間がわりと自由に使える大学生の彼女が、仕事帰りにゴハンを作ってくれていると、かなり嬉しくもあり、お互いのメリットがうまく活きてきます。

メリット:生活費は2人でまとめて済むため、1人の時よりも負担が軽い

家賃や水道光熱費は1人の家の分だけで済むため、2人で別々に住むよりも経済的です。

彼氏が社会人の場合、負担額は彼氏7:彼女3か、彼氏6:彼女4くらいの割合がオススメです。

彼女が仕送りをもらっているのではれば、彼氏6:彼女4でもそれなりにやっていけて、貯金も溜まるはず…です。

メリット:どちらかが病気になった時に看病してもらえる

一人暮らしの時になにが一番寂しいかというと、風邪などを引いて寝込んでいるときです。

あまりの寂しさとツラさに涙を流した人もいるのではないでしょうか。

同棲していると、どちらかが風邪になってももう片方に看病してもらえるので、そんな寂しさとは無縁になります。

普段は気にしない部分かもしれませんが、結構重要だったりするんですよ…。

デメリット:1人の時間がなくなる

2人で生活していると、どうしても1人の時間というのがとりづらくなります。

大学生であれば落ち着いて勉強したいのに、彼氏がテレビを大きな音で見ている…なんてなったら集中出来ませんよね。

同棲してから成績が悪くなった、という話は少なくありません。

大学生(彼氏)×大学生(彼女)の場合

大学生同士の同棲は、意外と大変な場合が多いと思います。

一番の理由は金銭的な問題です。

仕送りが多いお嬢様とかおぼっちゃまの場合はさておき、普通の家庭で育った大学生の場合、バイトで日々の生活費を稼いでいかなければなりません。

彼氏と彼女の2人で別々のバイトをして、お金を稼ぎ、さらには学校にも行かなければいけないとなると、2人で会える時間は意外と少なくなってしまうこともあります。

メリット:同じ大学生同士なので、生活パターンが合わせやすい

大学生同士なので、お互いの生活パターンを理解しやすく、合わせやすいというメリットがあります。

とはいえ、お互いの生活パターンがわかっていても、忙しくてなかなか同じ時間に一緒にいれないということがある場合も…。

デメリット:お互い学校がめんどくさくなって、サボってしまいやすくなる

お互いに大学生だった場合、時間に対してルーズになりすぎてしまう危険性があります。

1人でサボるよりも、2人で一緒にサボると、精神的に「あいつもサボってるから自分もサボろう」という言い訳にならない言い訳で、気が楽になります。

そうして怠け癖がついてしまうと、ずるずると学校に行かなくなってしまい、いつの間にか留年の危機ということにもつながりかねません。

大学生が同棲をする場合、親に挨拶するべき!?

これはなかなか難しい問題です。

僕ははっきりとは言いませんでした。

相手の親によっても違うのですが、「結婚でもないのに報告されても困る」という方もいますので、同棲をするときに両親に挨拶するべきかどうかは、彼氏彼女でしっかりと話し合いましょう。

参考:同棲の挨拶はどうする!?みんなに聞いてみた

同棲しようと引越しをする前によく考えてみることが大事

お互い好きだからとその場のノリで同棲するのではなく、ある程度しっかりと考えてから同棲するかどうかを決めるようにしたほうが、めんどうなトラブルになる可能性は減らすことができます。

同棲してから数ヶ月で別れちゃうカップルも意外と多いんですよね…。

同棲の初期費用は結構バカにならない金額がかかりますので、無駄にお金を使ってしまうことにならないようにしましょう!

参考:同棲する時の初期費用の落とし穴と節約術

物件選び、めんどくさくないですか?

ひょっとして、あなたがこれを読まれているということは、引越しを考えている状態ではありませんか?
物件選びって、一度やったことがある方ならわかると思うんですけど、めちゃくちゃめんどくさいですよね…。
そんな場合に便利なのが「家探しのコンシェルジュサービス」です。
ぼくも実際に使ってみたので、よかったら読んでみてくださいー!

PAGE TOP ↑