引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

彼氏と同棲するときに”絶対にしてはいけないコト”


カップルイメージ

大好きな彼氏と憧れの同棲…!

ちょっと待って下さい!

うかつに同棲を初めてしまうと、それが別れる原因になってしまうこともあります。

お互いに大好きで同棲したのに、それが原因で嫌いになってしまうという悲劇はさけたいところ。

同棲をするときに女子として気をつけるべきところを書いていきますので、ぜひ同棲前に参考にしてみてください。

スポンサーリンク

彼氏と同棲するときに”絶対にしてはいけないコト”

肌の露出度をあげない

同棲しているとついつい気が緩んでしまい、下着姿でウロウロすることも多くなりがちです。

ですが、これはいけません!

「彼氏と同棲を初めてから、する回数が減っちゃった…」という悩みをもつ方のほとんどがこの「下着姿で部屋にいる」ということが原因です。

下着姿は、普段見慣れてないから彼氏は興奮するものです。

毎日それが普通に見慣れた光景になってしまっては、興奮しようにもできません。

男性の9割はパンチラが好きです(当サイト調べ)が、それは、「普段隠されているものが見えるときの高揚感」があるからです。

真面目に考えるとちょっとアホくさくなってくるかもしれませんが、「女性としての羞恥心」をなくしてはいけないのです。

すっぴんがデフォルトにならない

一緒に寝起きをともにしていると、ついついすっぴんがデフォルトになってしまいます。

女性のお化粧はやはりステキなものです。

同棲前は、化粧したあなたを見慣れていたのに、同棲後はすっぴんばかりでなんだか女らしさをあまり感じなくなってしまったな…なんて思われないようにしましょう。

あなたも彼氏も、お互いにビシッとおしゃれをしてデートをすることは、同棲をしていても大切なことです。

掃除などの家事や料理をなまけない(分担している場合)

彼氏と、掃除や料理などの家事を分担している場合は、自分のやることはきっちりとやるようにしましょう。

彼氏ばかりが掃除をしたり、洗濯物をしたりという状況になってしまっては、彼氏もげんなりしてしまうはず。

お互いに自分のやることをしっかりとやることで、お互いのストレスを軽減することができます。

ムダ毛の処理を彼氏の前でやらない

一緒にいる時間が長くなれば長くなるほど、羞恥心はなくなっていきます。

除毛クリームを塗ってビリビリっと剥がす…という姿にガックリと肩を落とす男性も少なくありません。

逆に、彼氏が鼻毛を抜いてティッシュにまとめている姿は見たくありませんよね?

それと同じで、彼氏もあなたのムダ毛の処理は見たくないことが多いのです(そういうフェチの方も一部にはいますが)

お金の管理を適当にしない

同棲で使うお金と、デートの時に使うお金の感覚はまったく別物です。

デートの時は彼氏に全部出してもらっていたとしても、同棲で同じことをすると、「あれ、俺が1人で暮らしている時よりも出費がすごすぎるな…」と彼氏の不満が溜まってしまい、ケンカになってしまうことも。

お金をどっちがどれくらい出すか、という話しはなかなかしづらいですが、しっかりしておかなければなりません。

ちなみに、彼氏がフリーターの場合

これは非常につらいところですよね。

まぁ女の子によっては、彼氏に貢ぐのが好きって子も仲にはいますというか、僕の友達がそうなんだけどどうしよう。

…と、とりあえず月々の生活は13万くらいで抑えるようにすると良いです。

もしくはキャバクラとかで働くとまぁ、もっとラクにはなるかも…。

ストレスはたまりますが。

彼氏がお金持ちの学生だった場合

お金持ちの家に生まれた人は金銭感覚が結構すごい人が多いです。

とりあえず、別れないかぎりはなんとかなるはず!

その代わり、別れたときが生活水準を普通に戻さなければいけないのでちょっとツラいです…。

彼氏が社会人の場合

彼氏が社会人の場合は問題まったくなし!

2人でラブラブにすごすといいよ!!(なげやり)

という感じで、彼氏と同棲する費用がきになるかたはこちらの記事もどうぞ。

彼氏と同棲したい場合の彼女の費用について

彼氏の持ち物を手当たり次第あさらない

彼氏が仕事に出てしまっていて、1人になったときは結構ヒマになってしまいますよね。

ヒマなときというのは、あまり良いことを考えないものです。

例えば、彼氏のプライバシーを探ってみたりとか…。

しかし、彼氏が隠していることを暴いてみても、なにもいい結果はうみません。

「彼氏が実は熟女マニアだった…」なんて知ってしまったところで、なにも解決策はないのです。

勝手に友達を連れ込まない

彼氏に同意を得ることもなく勝手に友達を連れ込むのはよくありません。

それが男性だったらなおさらです。

「彼氏と同棲しているところに男友達を連れて行くなんてそんなのないよーw」と思われたかもしれませんが、実際にあったんですよ、コレ…。

まぁ男友達を連れ込む人は稀だと思いますが、女友達を連れてくるのも、ちゃんと事前に彼氏に言っておいたほうがケンカにならずにすみます。

生活時間が違うことにイライラしない

とくに、どちらかが学生で、どちらかが社会人という時によく起こりがちです。

まだ寝てたいのにドタバタ支度して…!とか、

こっちは仕事に急いでいかなきゃいけないのに、あいつはまだ寝てやがる…!とかですね。

まぁぼくもありました。

なんてことないことなんですが、常に一緒に暮らしていると、そういう些細なことにいらっとくる瞬間もあるものです。

さらに気をつけたいのが、夕食の時間が違う場合は要注意です!

ご飯を一緒に食べるのと、別々に食べるのではお互いの親密度がかなり違ってきます。

できるだけ、ご飯は一緒に食べるようにしましょう。

そうしないと、心のスレ違いが増えてきてしまいますよ…。

一人になりたいの!と叫ばない

どれだけ仲良しなカップルでも、一度くらいは喧嘩します。

喧嘩してしまったときに、もうあたしは一人になりたい!なんて叫ばないようにしましょう。

もし叫んでしまうと、じゃぁいいよ、俺はどっか泊まって来るから!と言って、彼氏がそのまま別な女の子の家に泊まりにいってしまうことも。(ホストと付き合ってる彼女の話ですけど)

彼氏の趣味をけなさない

なんで部屋がこんなに狭いのに、ギターとか何個も置いてるの!とか、

こんなにスペースないのに、なんでワンピースのフィギュア全部コンプリートしちゃうの!とか、まぁありますよね。

いらっとくるのもわかります。

わかりますが、ここはグッとこらえましょう。

同じように、彼氏も「なんでこんなに化粧品あるんだよ…」とか「このでかいプーさんのせいでベッドの半分埋まってるんだけど…」とガマンしているのです。

同棲する家を決める時間が短いのはダメ

とりあえず早く同棲したい!

一週間後、いや三日後、いやもう五分後に同棲したい!

なんて思ってもまずは落ち着いてください。

同棲するための賃貸物件を探すときは、かならずスケジュールにゆとりを持つようにしましょう。

なぜなら、同棲だと審査が通らないことがあるからです!

大家さんとしては、「同棲ー?また近頃の若いもんは…どうせすぐ別れちゃうんでしょ、ダメダメ!」

となっちゃうこともあるのです。

その場合、もし相手と結婚する気があるのであれば、審査の時に「同居人」ではなく、「婚約者」としたほうが審査に通る確率があがるみたいです。

ちなみに、同棲というのを隠して賃貸物件を借りて、同棲をした場合はルール的には違反になります。

まぁ、家賃さえ払えば大目に見てもらえることが多いですが…。

それ以前に、2人で住む広さでちょっといい地域に住むと、家賃が12.3万とかになってしまうので、年収次第では審査に通らないこともあります。

彼氏とマンネリ化しない!

同棲すると、夜のあれが減ってしまうという傾向があります。

ぼくはそうでもなかったですけども!

お互い新鮮味がなくなってしまうのは避けるようにしましょう。

新鮮味がないままだらだらと同棲してしまうと、結婚するチャンスすらも失ってしまうことも…!

いびきがうるさくないか同棲前にチェック!

彼氏とせっかく同棲したのに、なぜか彼氏が毎日寝不足気味…。

朝は恨めしそうな顔で見てくるし、なんなのいったい!という場合は、残念ながらあなたのいびきが原因かも。

自分のいびきがどんな感じなのか、同棲前に予めチェックしておきましょう。

スマホのアプリで、いびきラボやいびきレコーダなどを使うと、いい感じに自分のいびきをチェックできますよ!

いびきのチェックができたら、寝顔もチェックしてみるのもいいかも。

自分の寝顔が半目で、口も半開きだったら彼氏に見られたくないですもんね…。

メイクは同棲前にガッツリメイクからナチュラルメイクに変えていこう

同棲をすると、どうしても相手にすっぴんを見られることになります。

その際のショックをなるべく少なくするために、ガッツリメイクの方は、少しずつすっぴんに近いメイクをするようにしてみてください。

彼氏も「あ、もともとはこういう顔だったんだ…へぇ…」となんとなく受け入れてくれます。

嫌いになった時はなぁなぁにならないようにしよう!

同棲をしてみたら、実はあんまり好きじゃなかったかも…と思ってしまうこともあります。

同棲してみてわかることって結構ありますよね。

服とかいつもぽいぽいそこらへんに脱ぎ散らかしてだらしない…とか、

食事のあとにいつも爪楊枝で歯の掃除をはじめる…とか、

鼻毛を抜いては投げつけてくる…などなど、別れる原因はいろいろとあります。

そうなったときに、別れたい…でも情が移っちゃって別れづらい…なんてことになっちゃう人は意外と多いんです!

ですが、結婚もしたくない相手と同棲を続けても、時間の無駄です。

その間に30才になり、さらに年をとってしまったら、結婚のハードルはガツンとあがってしまうことに。

そうなるまえに、嫌いになったらすぱっと別れるようにしましょう。

神経質になりすぎないようにしよう

自分と違う人と一緒に暮らすというのは神経質な人にとってはストレスが貯まるもの。

彼氏が本の並べ方適当…!

服のたたみ方が変…!

眉毛の揃え方が左右違う…!

などいろいろと気になるところはあると思います。

いらっときた時は、深呼吸をしてみてください。

そんなに大したことじゃなかったかも、と冷静になれます…たいていの場合は。

トイレのドアはしめよう

これ、同棲のときはよかったんですけど、女友達とかで、トイレのドアをちゃんとしめない子っているんですよ!

もちろん入ったときは閉めるんですけど、出た時に開けっ放しにする人って結構多いんです!

あと、トイレのフタを開けっ放しとかも多いですね…。

これをしちゃうと彼氏は結構ガックリきます。

逆に、彼氏がトイレのフタをしめなかったら、トイレスリッパでスパーンと叩いてやりましょう。

テレビに夢中にならない!

彼氏の顔よりもテレビを見てるほうが長い、なんてことにはならないようにしてください。

そんなんされたら彼氏もふてくされちゃいますよ!

テレビを見ていて、ふと気がついたら彼氏がすみっこで体育座りをしていたら、やさしくかまってあげるようにしましょう。

お風呂ははいろう

いや、まぁこれはたいていの人は大丈夫だと思うんですが…。

人によってはめんどくさいから2日くらいはいらなくていいやーなんて人もいます。

彼氏と同棲しているときは、なるべく毎日入るようにしましょう。

ワキガなどの場合は、同棲前にお医者さんに相談しにいったほうがいいかも。

匂いって結構、自分自身では気がつかないもんなんですよね。

料理はお互いできるようになろう

同棲で一番重要なのは、「お互いの食の好みを知っていること」です。

甘めが好きとか、あっさりめが好きとか、相手の好みの料理をお互いが作れるようにすると、同棲はそれだけで数年長続きします(僕の経験)

やっぱり相手が料理うまいと、仕事終わったときに早く帰ろう、って気になるんですよね。

単純なことですが、かなりの重要ポイントだと思います。

スーパーで売っているお惣菜で全部済ますのはたしかにラクでおいしくていいかもしれませんが、栄養面では外食とあまり変わりません。

安い中国産の野菜などを使っていて、栄養価が低めな場合があるので、できるだけ自炊するようにしましょう!

逆に彼氏と同棲することでのメリットもあります

お金が溜まりやすい(こともある)

彼氏か彼女のどちらかがしっかりしている場合、1人で暮らすよりもお金が溜まりやすいです。

とくに結婚前提で同棲している場合はなおさら貯金しやすい雰囲気になっていると思います。

…結婚前提の同棲なのにいっこうに貯金ができてない、という場合は要注意ですよ!

結婚後にこんな人じゃなかった…となりづらい

結婚したあとに、相手が思ってた感じと違った!なんてことなったらイヤですよね。

同棲をしておけば、そのような間違いを事前に知ることができます。

お互いの本当の相性がわかる

デートだけだとお互いのいい部分しか見えないものです。

本当に相手との相性がいいのか知るには同棲か半同棲をすることをオススメします。

彼氏と同棲したときに気をつけること

同棲は楽しいですが、相手との距離が近くなる分、ケンカ別れになる原因もごろごろあります。

楽しい同棲生活を送るためには、

  • できれば週に1回はちゃんとしたデートをする。
  • お互いのプライバシーは尊重する。
  • 部屋にいる時もきちんとした部屋着を着る。
  • 家事や料理はお互いに納得できる分担にしてきっちりとやる。
  • 羞恥心をなくさない。
  • お金の管理をしっかりとやる。

これらを守っていれば、ラブラブな同棲生活を続けることができると思います。

2人だけの甘い時間をたっぷりとお過ごしください!

物件選び、めんどくさくないですか?

ひょっとして、あなたがこれを読まれているということは、引越しを考えている状態ではありませんか?
物件選びって、一度やったことがある方ならわかると思うんですけど、めちゃくちゃめんどくさいですよね…。
そんな場合に便利なのが「家探しのコンシェルジュサービス」です。
ぼくも実際に使ってみたので、よかったら読んでみてくださいー!

PAGE TOP ↑