引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

単身赴任に最適な家電選びとは


家電イメージ

単身赴任で失敗すると後悔するものの1つに「家電選び」があります。

冷蔵庫を買ったのにやたらとうるさくて夜も眠れない、とか洗濯機を乾燥機付きのものにしたのにぜんぜん乾かないとなってしまったら買った意味がありませんよね。

そんな失敗をしないように、間違えやすい点をまとめてみました。

※ちなみに単身赴任で必要なものはこちらに書いています。

スポンサーリンク

単身赴任に最適な家電とは

テレビの選び方・・・参考価格5万円程度

単身赴任をされるかたは、ほとんどの方がワンルームもしくは2Kの部屋に住まれると思います。

一人暮らしの部屋はあんがい狭いもの…。

テレビが大きいとそれだけで場所をとってしまいます。

テレビのサイズは大きくても40インチ以下にしましょう。

僕はPCのモニターもあるので、32インチにしました。

物によっては録画機能などがついているものもありますが、仕事が忙しいと見てるヒマはあまりありません笑

録画機能がない機種は非常に安いので、もし録画したいと思った時にあとからBD(ブルーレイ)レコーダーを買い足すというのも1つの手だと思います。

パソコンの選び方・・・参考価格15万円程度

自宅で作業するときや、WEBサイトを閲覧するとき、YouTubeなどを見るときなどにあったら便利なのがパソコンですよね。

狭い家の場合はノートパソコンが便利です。

僕の場合は仕事でも使用するので、デスクトップ1台とMacBook Pro(ノートパソコン)を1台所有しています。

デスクトップは、ノートよりも据え置きの家電として使えるので、あるとかなり便利です。

実際ノートパソコンは持ち運びあんまりしないんですよね…笑

インターネット環境はポケットWiFiでバッチリです。

参考記事:引越し時のインターネットはポケットWiFiが最強説

コンポの選び方・・・参考価格5万円程度

正直、単身赴任でコンポはいるかな?というところです。

もし音楽も聞きたい!という方は、AVアンプとスピーカー、それにパソコンをつなぐのが一番省スペースかつそれなりな音質で聞けるのでオススメです。

洗濯機の選び方・・・参考価格10万円程度

お金に余裕があれば、なるべく大容量にしたほうがいいと思います。

忙しい時にはなかなか洗濯ができないので、週末に溜まってしまうんですよね。

僕が買ったのは、ドラム式洗濯乾燥機のファミリータイプです。

容量が大きい上に、乾燥までやってくれるので非常に楽ちんです。

縦型でも乾燥機能付きのものはありますが、完全に乾かせないタイプもあるので注意してください。

掃除機の選び方・・・参考価格1万円程度

一人暮らしで大きすぎる掃除機はかえってジャマです。

ハンディクリーナータイプが使いやすくてオススメ。

夜に掃除をする方は、騒音の少ないものを選ぶようにしましょう。

アイロンの選び方・・・参考価格1万円程度

正直、アイロンを買うよりもクリーニングのほうが楽だし、キレイにできるかな、という感じです。

単身赴任でアイロンをきちんと自分でかけてる人って結構少ないんじゃないでしょうか?

ドライヤーの選び方・・・参考価格7千円程度

ドライヤーにはそんなにお金をかけずに、とりあえず風量の多いタイプを選べば間違いがないと思います。

国内有名メーカーのものを買っておけば、すぐに壊れることもありません。

空気清浄機の選び方・・・参考価格3万円程度

花粉症対策には効果絶大です。

しかし、加齢臭を消そうとする目的の方はちょっと待って下さい。

空気清浄機では加齢臭に太刀打ちできません。

あくまで、花粉症対策の対策もしくは機種によっては加湿ができるものもありますので、そういった目的がある方のみにオススメします。

冷蔵庫の選び方・・・参考価格3万円程度

冷蔵庫は100Lから250L程度でいいと思います。

あんまり大きいものを買っても、入れるものはビールばかり…となってしまってはもったいないですよね。

重要なのは騒音です。

海外製の安いものは非常にうるさい場合があるので注意してください。

ベッドと同じ部屋にあるとうるさくて眠れないことがあります。

電子レンジの選び方・・・参考価格1万円程度

電子レンジは、トースト機能付きのものが重宝します。

あまり高いものを買っても特殊な機能はほとんど使いませんので意味がありません。

僕もスチームレンジを買ったのですが、使うのは弁当の温めくらいです。

炊飯器の選び方・・・参考価格3万円程度

炊飯器はなるべくちょっといいものを買ってください。

ごはんの美味しさが段違いです。

圧力IH炊飯器がオススメです。

電気ケトルの選び方・・・参考価格5000円程度

お湯がわくのが早いので重宝しそうな電気ケトルですが、意外と使いません。

というか場所をとります。

なくてもヤカンや鍋があれば十分な感じですが、コーヒーをよく飲む方はあってもいいと思います。

単身赴任の家電まとめ

先ほど参考にあげたものは、ちょっと高いタイプのものも含まれていますが、自分で使っていてそれだけの価値があったな、と思ったものは高いものを参考価格として紹介しています。

特にドラム式洗濯乾燥機は、ものすごく楽になりましたね…。

こんな楽な洗濯があっていいのかと思いました笑

単身赴任はとにかく忙しいので、休みの日はできるだけゴロゴロしたり趣味に没頭したいものです。

手間を掛けずに済ませれる部分は、ある程度いい家電を買って楽をしてしまいましょう!

物件選び、めんどくさくないですか?

ひょっとして、あなたがこれを読まれているということは、引越しを考えている状態ではありませんか?
物件選びって、一度やったことがある方ならわかると思うんですけど、めちゃくちゃめんどくさいですよね…。
そんな場合に便利なのが「家探しのコンシェルジュサービス」です。
ぼくも実際に使ってみたので、よかったら読んでみてくださいー!

PAGE TOP ↑