引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

単身赴任で本当に必要なもの一覧


単身赴任の部屋イメージ

単身赴任をすることになった場合、引越し前後に必要なものを最低限そろえるのが重要です。

あまりにもアレもコレも…と買ってしまうと、単身赴任用の小さい部屋はすぐ埋まってしまいますので、厳選して揃えることが大切ですよね。

というわけで、単身赴任で本当に必要なものリストを作成してみました。

参考までにご覧ください!

スポンサーリンク

単身赴任で本当に必要なもの一覧

家電

テレビ・・・32インチで3万円前後

寂しい時の強い味方、テレビです。

あまり大きすぎても置く場所がなく、小さすぎても寂しい…ということで、ワンルームにぴったりな32インチをおすすめします。

電子レンジ・・・ちょっとよさそうなもので、2万円前後

単身赴任で一番使う調理家電と言ったらこれではないでしょうか。

お弁当などを温めるのに重宝します。

冷蔵庫・・・容量が130L前後で、3万円前後

冷蔵庫は、自炊をしない方にとっては小さいもので大丈夫です。

とりあえずビールがたくさん入ればOK。笑

全自動洗濯機・・・安いもので3万円前後

洗濯機は安いものを買ってもいいのですが、お金に余裕がある場合は

ドラム式洗濯乾燥機を非常におすすめします。

なぜなら、洗濯物を入れてスイッチを押すだけで、乾燥までやってくれるから。

これは忙しいときにはかなりのメリットになります。

ものすごい楽なんですよね…。

さらに、ワイシャツを1枚で入れて、アイロン効果のある乾燥機能を使えばアイロン掛けがいりません。

お値段は10万円くらいになってしまいますが、僕は買った価値があると思いました。

炊飯器・・・2万円前後

ごはんの美味しさは炊飯器によってまったく変わります。

炊飯器はある程度いいものを選びましょう。

炊飯器の選び方はこちらを参考にしてください。

ドライヤー・・・1万円前後

髪があってそれなりに長い方はドライヤーも必要です。

とはいえ、高いものは必要ありませんので、風量が強くて安めのものを選びましょう。

掃除機・・・2万円前後

掃除機は、ハンディクリーナーをおすすめします。

ワンルームで大きい掃除機を買っても、ジャマなだけです。

ハンディタイプで、コードレスじゃないものですと、吸引力も強いので重宝します。

家具

無印の脚付きマットレス(ボンネルコイル)・・・2万円前後

ベッドは無印良品の脚付きマットレスが非常に便利です。

ポケットコイルタイプとボンネルコイルタイプがあり、お金に余裕があればポケットコイルタイプ(+1万円くらい)がいいですが、ボンネルコイルタイプでも十分寝心地は良いです。

1日の疲れを癒してくれるベッドはかなり重要なので、自分にあったものを選びましょう。

僕はこの脚付きマットレス(ボンネルコイル)でかなり満足しています。

カーテン・・・3000円前後

カーテンはかならず遮光性が高いものを選んでいます。

防犯にも役立ちますのでオススメです。

カーテンの選び方はこちらを参考にしてみてください。

テレビ台や収納家具・・・2万円前後

テレビ台や収納家具は、イケアで探すとオシャレなものが揃います。

ポイントは、同じシリーズで家具をまとめること。

これだけで部屋のオシャレ度がぐんとアップします。

ゴミ箱・・・3000円程度

意外と忘れがちなゴミ箱。

僕は面倒くさがりなので、大容量タイプのゴミ箱を1つおいています。

キッチン用品

食器類・・・1万円程度

来客があることも考えて、ちょっと多めに食器はそろえておきましょう。

おすすめは無印良品とフランフランです。

お皿、茶碗、橋、フォーク、スプーン、コップなど、大抵なにか1つを忘れます。(僕だけかもですが)

フライパン・・・3000円程度

自炊をほとんどしないという方でも、フライパンは1つくらいあると非常に便利です。

ポイントは、「大きくて深いタイプのフライパン」です。

フライパンの選び方についてはこちらを参考にしてみてください。

包丁・・・3000円程度

包丁はなぜか、こだわって高いのを買ってしまいがちですが、そんなに高いものを買っても仕方がありません。

3000円程度のものを1本もっておけば大丈夫です。

洗面用品

シャンプー、ボディソープなど

男性の場合は特に、加齢臭や疲労臭などに気をつけてください。

自分では大丈夫と思っていても意外と臭っていることも…。

バスタオルなどのタオル類

忙しいと洗濯がなかなかできない時があります。

バスタオルはちょっと多かな、くらい買っておきましょう。

髭剃り

髭剃りはかなり重要ですが、コンビニに売っているので、うっかり忘れていても大丈夫です。

日用品

トイレットペーパーとティッシュ

これがないとある意味地獄を見ることになります。

まず最初に補充しておきましょう。

食器用洗剤や住居用洗剤

食器用洗剤は変に安いもの以外であれば大丈夫です。

住居用洗剤は、カビキラー系を1本買っておきましょう。

非常に万能で強力です。

リセッシュなどの匂い消し

1人で暮らしていると、部屋の匂いに鈍感になってきてしまいます。

来客がみんなすぐに帰ってしまう、という方はもしかしたらすごく部屋が臭いのかも…。

そうならないようにリセッシュなどの匂い消しは常備しておきましょう。

僕のおすすめはリセッシュのヒーリングアロマという、上品な匂いがついたタイプです。

単身赴任で必要なものまとめ

生活していればほかにも必要なも、例えば爪切りだったり、まな板だったり、ブルーレイレコーダーだったりと出てきますが、最初はとりあえず上記のものがあれば大丈夫なはずです。

あとは必要に応じて追加していくようにしましょう。

インターネット環境はポケットWiFiでバッチリです。

参考記事:引越し時のインターネットはポケットWiFiが最強説

最後に必要なものを一覧表にまとめました

家電

必要なもの 購入場所
テレビ 大型家電量販店(ネットで買うときはヨドバシドットコムがオススメ)
電子レンジ 大型家電量販店かAmazonでさっと買ってもOK
冷蔵庫 ヨドバシドットコムやビックカメラで買うと、設置もやってくれる。
全自動洗濯機 これも冷蔵庫と同じで、大型家電量販店で買うと設置をしてくれる。
炊飯器 大型家電量販店やAmazonでサクッと買ってもOK
ドライヤー 同上
掃除機 同上

家具

必要なもの 購入場所
脚付きマットレス 無印良品
カーテン Amazonやホームセンター
テレビ台や収納家具 イケア、フランフラン、無印良品など
ゴミ箱 同上

キッチン用品・洗面用品・日用品

必要なもの 購入場所
食器類 こだわりがなければ300円均一など
フライパン 自炊はたまにする程度なら300円均一で、頻繁にするようだとホームセンターで。(ロフトやハンズはちょっとお高め)
包丁 同上
シャンプー、ボディソープ ドラッグストアで購入。地域によって安さが全然違うので注意
バスタオルなどのタオル類 これもこだわると結構高いので、Amazonで購入
髭剃り ドラッグストアやAmazonで購入
トイレットペーパーとティッシュ 同上
食器用洗剤や住居用洗剤 同上
リセッシュ もしかすると誰かくるときに備えて、ドラッグストアで購入

それでは快適な単身赴任ライフをお過ごしください!

物件選び、めんどくさくないですか?

ひょっとして、あなたがこれを読まれているということは、引越しを考えている状態ではありませんか?
物件選びって、一度やったことがある方ならわかると思うんですけど、めちゃくちゃめんどくさいですよね…。
そんな場合に便利なのが「家探しのコンシェルジュサービス」です。
ぼくも実際に使ってみたので、よかったら読んでみてくださいー!

PAGE TOP ↑