引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

一人暮らしで入院する時の心配事あれこれ


医者

入院や急病なんて自分とは関係ないやと思っていると、非常にアブナイですよ!

特に一人暮らしをしている方の場合、危険度は大幅に増えます。

僕もこの前、尿管結石(とんでもなくイタい病気)に初めてなってしまい、急患で運ばれて行きました。

普通に生活していたのに、ある時突然、原因不明の激痛に襲われる…そんなことも実際にあるのです。

もしそうなった場合の、入院や検査などはどうなるでしょうか?

さらに入院している間の部屋の管理は…?

そんな疑問にお答えするべくいろいろと調べてみました(`・ω・´)ゞ

一人暮らしで急病に襲われた場合の対応

激痛もしくは動けなくなった場合・・・

なんとかして救急車を呼びましょう。

自分で歩ける場合は、タクシーを使うのもいいと思います。

近くの緊急病院を調べるには、「消防署(119)」に電話してください。

僕が激痛で倒れた時は21時くらいだったのですが、緊急病院に着いて30分くらい待たされた後はかなりスムーズにレントゲン、MR、医師の診察、麻酔と進んでいきました。

入院・手術となった場合・・・

病院もビジネスですので、料金の保険として、連帯保証人が必要になります。

知り合いや友達では難しいので、一人暮らしの場合はこれが結構大変面倒なことになってきます。

通常の場合ですと、両親のどちらかを呼んで、契約書にサインをしてもらうことになるでしょう。

とはいえ、緊急の場合はそういった手続きを後回しにして、とりあえず診察してくれるので安心してください。

麻酔や輸血くらいだと、本人のサインだけで済むことも多いみたいです。

僕の場合、全身麻酔じゃなかったからか、サインも特にしなかったような…。

これは病院によってや緊急度合いによっても違うと思いますので、一概にこうとは言えません。

入院してしまった!一人暮らしの部屋でこれは気をつけたほうがいいというポイント

入院してしまった場合、しばらくは部屋に戻ることができません。

しかしそのままほっぽっといておくわけにもいかないので、両親などに頼んでいろいろとやってもらうことになると思います。

頼むポイントは、

  • 現金や貴重品が部屋にある場合は、持ってきてもらう。
  • 家電はコンセントを念の為に抜いてもらう。
  • ごみなどが腐敗しないように処理してもらう。
  • 冷蔵庫の中身チェックをしてもらう。
  • ペットがいる場合は、その世話をしてもらう。
  • たまに部屋の換気をしてもらう。

などがあります。

一人暮らしの場合は貴重品も特にあることもないと思いますので、一番大切なのはゴミの処理ですね。

せっかく退院して家でゆっくりしよう、と思ったら腐敗臭とゴキブリだらけだった…なんてことになったら泣くに泣けません。

男性の方は、いつ両親が部屋に入ってきても大丈夫なように、アレな本は隠しておきましょう!笑

物件選び、めんどくさくないですか?

ひょっとして、あなたがこれを読まれているということは、引越しを考えている状態ではありませんか?
物件選びって、一度やったことがある方ならわかると思うんですけど、めちゃくちゃめんどくさいですよね…。
そんな場合に便利なのが「家探しのコンシェルジュサービス」です。
ぼくも実際に使ってみたので、よかったら読んでみてくださいー!

PAGE TOP ↑