引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

引越し時の自転車、最適な方法を探る。


自転車

引越しの時に、部屋の外にあるために意外と忘れやすいのが自転車です。

自転車は引越し荷物の中でも大きく、場所を取るために、見積もりの中に入れ忘れてしまうと、トラックに載り切らないことがあります。

自転車を引越し先に運ぶか、それともリサイクルに出すか、はたまた処分してしまうか…。

それぞれのメリットとデメリットを調べてみました。

スポンサーリンク

引越しの時に自転車を運ぶとお金がかかる?

引越しの見積と別料金でお金がかかることはあまりありません。

普通に荷物と一緒に運んでくれます。

自転車の種類によって注意すべきこと

いわゆるママチャリであれば、頑丈な自転車なので特に注意することはありません。

自転車自体の梱包もとくに必要ないと思います。

しかし、ロードレーサーのような高級自転車の場合は、ママチャリに比べて非常にデリケートですので、しっかりとした梱包が必要です。

自転車だけを送りたい場合の最適な答え

引越し荷物とは別に、自転車だけを送りたい場合はどうすればいいでしょうか。

実は運送業者によってかなりの値段の差があります。

大手の運送業者は16000円前後もかかってしまいますが、西濃運輸では1万円以下、距離によっては5000円以下で運んでもらえるようです。

その差はなにかというと、大手の運送業者ではきちんと梱包をしてくれますが、西濃運輸ではしてくれません。

自分で梱包をするかどうかで大きく価格が変わってくるのです。(大手でも梱包をしてくれないにもかかわらず高いところもあります)

都内の中で引越しをするのであれば、自分で乗って行くという手もある

もし引越し先がそれほど遠いところでないのであれば、自分で乗って行くのも一つの手です。

引越しをするときにトラックに載せると、かなりの場所を取りますし、自転車だけで運送業者に頼む場合もお金がかかってしまいます。

それならいっそのこと自分で乗っていきましょう!

新しい家の周りになにがあるのかもわかりますし、意外といい方法だと思います。

ただし、近い場合限定ですが…。

引越しの際に自転車をリサイクルで売る場合

持って行くのもめんどうだから売ってしまおう!という場合はリサイクルショップを利用します。

きちんと乗れる状態の自転車なら売れる場合が多いですが、ママチャリで安い価格のもの(中国製の重たい1万円くらいのやつ)などは、断られることもあります。

近くにリサイクルショップがあれば、ダメ元で持っていってみてください。

引越しの際に自転車を処分する方法

市区町村の回収サービスを利用する

市区町村でやっている廃品回収サービスを利用するとかなり安く自転車を処分することができます。

例えば、世田谷区で、粗大ごみ回収サービスを利用すると、300円で家の前まで収集してくれて、処分することができます。

自分で市区町村の処分場に持ち込む

これはさらに安上がりです。

自転車を処分場に持ち込みすることができれば、数百円で処分してもらえます。

引越しの見積もりの時に引越し業者に依頼する

引越し業者に処分を頼むというやり方もあります。

この場合の価格設定は業者によってまちまちですが、上記の方法ほどは安くならないことが多いと思います。

不要品回収業者に依頼する

街中を走っている不要品回収業者に依頼するのは…やめましょう!

無料と言っているのに料金を取られたりと違法な業者がたくさんいます。

「いらなくなったものを無料で引き取ります」なんて言っているトラックは利用をおすすめできません。

自転車を処分するのであれば、市区町村の粗大ごみ回収サービスを利用するか、引越し業者に依頼しましょう。

引越し時の自転車まとめ

引越しトラックに余裕で積める時はいいですが、積めなかった場合は、かなり悩みますよね。

安い自転車でガタがきているのであれば、新しく買い換えるのも手です。

愛着がある自転車でしたら、西濃運輸で安く運ぶようにしましょう!

物件選び、めんどくさくないですか?

ひょっとして、あなたがこれを読まれているということは、引越しを考えている状態ではありませんか?
物件選びって、一度やったことがある方ならわかると思うんですけど、めちゃくちゃめんどくさいですよね…。
そんな場合に便利なのが「家探しのコンシェルジュサービス」です。
ぼくも実際に使ってみたので、よかったら読んでみてくださいー!

PAGE TOP ↑