引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

引越しで害虫をまったく出さないために


キッチン

せっかくキレイな新居に引越しをしたのに、虫が出てきたらテンションガタ落ちですよね。

そうならないためにも害虫対策はしっかりとしなければなりません。

ゴキブリ、通称「G」については特別にゴキブリをまったく出なくする方法という記事がありますので、そちらを御覧ください。

こちらの記事では、ゴキブリだけでなくダニや小さい虫、蜘蛛なども含めた対策を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

引越しで害虫をださない方法

害虫はどこから来る?

害虫は大きく分けて2つの場所からやってきます。

1つ目は、「新居にもともと潜んでいる」

2つ目は、「家具などにくっついて一緒に引っ越してくる」

この2つが害虫の発生源ですので、それぞれの対処法を調べてみました。

新居にもともと潜んでいる害虫の対処法

新居は家具や荷物がないのでスッキリとキレイに見えますが、虫が潜む場所は意外とあります。

例えば、キッチンの裏側などの水回りには虫がうじゃっと潜んでいることも…。

特にマンションの1階が飲食店やスーパー、居酒屋、コンビニなどの場合は要注意です。

普通のマンションに比べて虫が湧いて出る可能性が飛躍的に高まります。

部屋の床がフローリングではなくてカーペットの場合、ダニが潜みやすい環境になっていることがあります。

引越し先の部屋は、家具を運ぶまえにバルサンを炊いておくと安心です。

家具にくっついてきた害虫の対処法

もし引越し業者にOKがもらえた場合、引越し中にトラックの中でバルサンを炊くという方法があります。

しかし、家具やダンボールの中は、バルサンの殺虫成分が行き届かない場合もあるため、それほど効果的ともいえません。

理想的なのは、引越し前からバルサンを炊くことです。

さらにダンボールから荷物はできるだけ早くだし、ダンボール自体は捨ててください。

こうすることで、ダンボールにもし虫の卵がついていても孵るまえに新居から追い出すことができます。

害虫がでない部屋とはどんな部屋?

僕の経験上、高層階(5階以上)と密閉性の高いマンション(防音がカンペキなところ)は、自分で虫を持ち込まない以上は虫が侵入することはありませんでした。

ただし、高層階のマンションがすべて虫がでないかというとそうでもありません。

築年数が30年あるマンションに住んでいた時は6階であるにもかかわらず小さい虫が侵入してきました。

マンションにかぎらず築年数が古い建物はどうしても虫がでてくるのである程度は覚悟しなければいけません…。

引越しで害虫に悩まされないためのまとめ

・バルサンは引越し前の新居に1回、引越し前の家具に1回。

・1階にコンビニや飲食店など食べ物を扱うお店が入っている物件は選ばない。

・築年数が古い物件も選ばない。

これらを守れば、害虫はある程度防げると思います。

それではみなさま、良いNO害虫ライフを!

物件選び、めんどくさくないですか?

ひょっとして、あなたがこれを読まれているということは、引越しを考えている状態ではありませんか?
物件選びって、一度やったことがある方ならわかると思うんですけど、めちゃくちゃめんどくさいですよね…。
そんな場合に便利なのが「家探しのコンシェルジュサービス」です。
ぼくも実際に使ってみたので、よかったら読んでみてくださいー!

PAGE TOP ↑