引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

貧乏でもできる引越しの仕方


お金がない

引越しがしたくて、いい物件を探しあてたんだけど、その分、引越しにお金がかけれない…なんてことありませんか?

ここでは、「できるだけ安く引越しをする方法」を調べてみました。

人によってそれぞれできる節約法が違いますので、

1.独身男性向け

2.独身女性向け

3.ファミリー向け

の3つにわけて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

独身男性向け、貧乏でもできる引越し

独身男性で、荷物が少ない方が一番安く引越しをすることができます。

キーワードは「根性!」笑

近場であれば、「レンタカー」と「台車」それと「ガムテーム」と「軍手」の費用だけでがんばれば行けます。

一番の鬼門は冷蔵庫ですが、体力に自信のあるかただったら大丈夫なはず。

冷蔵庫は一人暮らし用の160Lタイプくらいだと、40キロ前後ほどです。

1人で抱えてもっていくのは辛くても、台車があればかなり楽に運ぶことができます。

費用は、レンタカー(小さいトラック)で12時間借りたとして約7000円くらいとガソリン代、そして台車が4000円くらいです。

クルマを友達から借りれる場合は、さらに費用は安くすみます。

※友達をよんで手伝ってもらうと、お礼の食事代が結構かかるので注意してください!

ダンボールはスーパーやドラッグストアなどから、使用済みのものをタダでもらうことでかなりの節約ができます。

緩衝材も買うともったいないので、ダンボールをちぎって緩衝材に使うようにしましょう。

独身女性向け、貧乏でもできる引越し

男性の場合は、家電を自力で運ぶことができましたが、女性にはなかなか難しいかと思います。

ですので、引越し業者を使うのですが、見積もりの取り方が節約のポイントになってきます。

まず「一括引越し見積もりサイト」で、カンタンに復数の業者から見積もりをもらいます。

その中で安いトコロに電話をして、さらに安く値切るのです。

見積もりの詳しい値切り方はこちらの記事で紹介しています。

そして、時期も引越し業者が忙しい時期からハズすことで、さらに値引きを狙えます。

具体的には1月.2月.11月.12月あたりですね。

さらに曜日に関しても、休日ではなく平日、さらには時間指定なしにすると激安になります。

そして極めつけは、引越しの1ヶ月くらい前から見積もりを頼むことです。

こうすることで、引越し業者によっては「早割」が適応されることがあり、値引き交渉がさらにしやすくなります。

女性の場合、引越し業者をどれだけ値切れるか、が大きなポイントになります。

ファミリー向け、貧乏でもできる引越し

ファミリーの場合は、まずいらないものを徹底的に捨てましょう。

家族が多ければ多いほど、いらないものはどんどん溜まっていきます。

引越しの前にまずは捨てること!

これが第一のポイントになります。

引越し断捨離、荷物の捨て方についてはこちらの記事でくわしく書いてあります。

第二のポイントは、独身女性の時と同じく、引越し業者をいかに値切るかです。

カンタンに済ませるために「一括引越し見積もりサイト」を利用するようにしましょう。

僕のすごくオススメな引越し見積もりサイトはこれ一択です。

正直なところ、引越しのスタッフが当たりかハズレかなんて、実際にやってもらわないとわからないものです。

大手の業者でも、全員が全員優秀なスタッフなわけではありませんし、激安な引越し業者に優秀なスタッフがいないわけでもありません。

貧乏だけど引越しをしたい!という場合はとりあえず安さ重視でいってみましょう!

物件選び、めんどくさくないですか?

ひょっとして、あなたがこれを読まれているということは、引越しを考えている状態ではありませんか?
物件選びって、一度やったことがある方ならわかると思うんですけど、めちゃくちゃめんどくさいですよね…。
そんな場合に便利なのが「家探しのコンシェルジュサービス」です。
ぼくも実際に使ってみたので、よかったら読んでみてくださいー!

PAGE TOP ↑