引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

引越しでトラブった時の保険は果たして役にたつのか


壊れたもの

引越しの時に、家具が紛失したり、壊されたりした場合の保証ってどうなろうんだろう?というのは気になるところですよね。

大手の引越会社の場合、元から「運送業者貨物賠償責任保険」というのに加入している場合がほとんどです。

しかし、業者が保険に入っているからと言って安心できるかと言ったらそうでもありません。

引越しでトラブルがあった場合、どこまで保証してくれるのか検証してみましょう!

スポンサーリンク

引越しの保険はどこまで頼れる?

運送業者貨物賠償責任保険とは

引越し屋さんが、荷物を輸送中に損害を発生させてしまった場合(損傷や紛失)に備えて入っている保険のことです。

引越し屋さんが入っているものなので、あなたが保険料を支払うことはありません。

通常の場合、上限1000万円の保険に加入していることが多いです。

この保険が適用される状況は、

  • 輸送中に壊れたり紛失した場合。
  • 積み込み、荷降ろし中に壊れたり紛失した場合。
  • 梱包中に壊れたり紛失した場合。

などなのですが、なかなかスムーズに保険がおりることはあまりありません。

保険が適用されないケースを見てみると、

  • 引越し屋さんに申告していない高価な品や壊れやすいものが破損した時。
  • あなたが梱包したものが破損した時。
  • 天災(豪雨や洪水、台風など)により荷物が紛失・破損した時。

これらの場合は保険が適用されません。

さらに、保険が適用されるか微妙なラインとして、

  • 輸送中に荷物が紛失したが、引越し屋のスタッフが「十分に注意していた」と言っている場合。
  • 引越しして1ヶ月ほど立ってから破損に気がついた場合。

これらも保険が適用される可能性はほぼないとみたほうが良いようです。

結局のところ、保険はさほど役に立たないみたいですね…。

破損や紛失が心配な方は、別途、引越荷物運送保険に入ることをおすすめします。

引越荷物運送保険とは

先ほどの保険とは別に、別払いで加入する保険のことです。

引越し料金+保険代になるので、かなり割高になりますが、先ほどの保険よりは適応されやすい保険になります。

費用はおおよそ、1,000円から3,000円程度です。

心配な方は入っておくのも悪くないと思いますが、結局のところ、保険が適応されるかどうかで時間を取られるのもまた大変ではありますよね。

保険を使うような事態にさせないのが一番!

どんなに大手の引越会社だとしても、新入社員や入ったばかりのバイトにあたることはあります。

相手はプロだから、と安心せずに、しっかりと作業を確認することが一番大切なのです。

もし万が一なにか合った場合は、その場ですぐに引越会社の責任者に確認をとることが重要です。

例えば、家具に傷がついたとしても、あとあと文句をいったところで、「その傷は前からあったものじゃないですか?」と言われたらそれで終わりです。

そういった悔しい思いをしないためにも、引越し中は邪魔にならないように仕事ぶりをチェックしているようにしましょう。

物件選び、めんどくさくないですか?

ひょっとして、あなたがこれを読まれているということは、引越しを考えている状態ではありませんか?
物件選びって、一度やったことがある方ならわかると思うんですけど、めちゃくちゃめんどくさいですよね…。
そんな場合に便利なのが「家探しのコンシェルジュサービス」です。
ぼくも実際に使ってみたので、よかったら読んでみてくださいー!

PAGE TOP ↑