引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

引越しの保証人は甘く考えると痛い目をみてしまうという例


契約書を持つ男性

引越しをして、新しく部屋を借りるときには必ず「保証人」をたてる必要があります。

この保証人ですが、部屋を借りるときには「連帯保証人」という形にしなければなりません。

連帯保証人というのは非常に責任が重く、もしあなたが家賃を支払えなくなった場合、連帯保証人がかわりに家賃を丸々支払う義務が発生するのです。

普通に家賃を払えてれば問題はないんですけどね…。

これは法律で決まっており、逃れることはできません。

しかも連帯保証人になる人の審査もあるので、誰でもなれるというわけではありません。

自分の周りに連帯保証人になる人がいないから引越しできない…となることがないよう、保証人代行サービスというのもあります。

ここでは保証人になれる資格や、保証人代行サービスについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

引越しの保証人になれる人、なれない人

基本的に親・親族でなければなれません

連帯保証人を頼む相手は、身元がしっかりした人でなければなりません。

さらに、あなたが万が一家賃を支払えなくなった場合に、ちゃんと責任を取ってくれそうな人に限られます。

となると、連帯保証人を友人や会社の上司に頼んでもしOKをもらえたとしても、不動産屋に認められることはほとんどありません。

お金の支払い能力がある人に限定されます

親が年金暮らし等で定職についていない場合、支払い能力がないと見なされて保証人を断られるケースがあります。

僕の場合もそうでした…。

連帯保証人として支払い能力が不安な場合は、連帯保証人を2人にすることもあります。

しかし、だいたいの場合は断られてしまいますね…。

僕も結局は保証人代行サービスを使うことになりました。

きびしいところは収入証明も必要になる

大家さんによっては、収入証明も必要になってきます。

これがまためんどうなんですよね…。

保証人を頼む相手にも手間をかけてもらうことになるので、頼みづらい原因にもなってしまいます。

保証人代行サービスとは

引越しをして新しい部屋を借りる時に、初期費用としていくらか払うことで、保証人の代理となってくれる会社のことです。

相場はだいたい家賃の半分から1ヶ月分程度です。

僕は家賃の半分だったのですが、1ヶ月分丸々かかる場合にくらべて審査が厳し目になるようです。

保証人代行会社はかならず不動産屋と契約しているところで

保証人代行サービスというのは、悪徳業者もかなりいるようです。

電柱に「保証人を代行いたします!」と書かれているような怪しげな会社はやめましょう。

物件によっては大家さんが保証会社を指定してくる場合もあります。

クレジットカード契約で保証人代行サービスをしているところもある

オリコのサービスで、クレジットカード契約をしてカード払いにすることで、保証人代行サービスを受けれる場合もあります。

この場合は、初期費用はかからないのですが、月々家賃の1.8%~3%ほど家賃に上乗せされる形になります。

保証人不要物件と書いてあるものは…

物件探しの時に、保証人が不要です!と書いてある物件もありますが、結局は保証人代行サービスを使うということがほとんどです。

保証人や代行サービスがまったく不要、ということではないので注意しましょう。

UR賃貸は保証人がいらないが…

UR都市機構が管理しているUR賃貸物件というのがあります。

UR賃貸の魅力は「礼金不要」「手数料不要」「更新料不要」「保証人不要」の4つ。

ものすごく魅力的な感じがしますがその分デメリットもあります。

それは、「外国人が多く入居しているため、生活習慣の違いからトラブルが多い」ということ。

痰やつばをそこらへんで吐かれる、小便などもいたるところで…という話も。

ベランダからゴミを投げ捨てるのが普通だというお国柄もあるようです。

保証人不要とはそういうデメリットもあるのです。

物件選び、めんどくさくないですか?

ひょっとして、あなたがこれを読まれているということは、引越しを考えている状態ではありませんか?
物件選びって、一度やったことがある方ならわかると思うんですけど、めちゃくちゃめんどくさいですよね…。
そんな場合に便利なのが「家探しのコンシェルジュサービス」です。
ぼくも実際に使ってみたので、よかったら読んでみてくださいー!

PAGE TOP ↑