引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

【初心者必見】一人暮らしの物件の探し方


 

引越しして一人暮らしを始めるぞ!

と思っても、物件探しってどうやるの?となってしまいますよね。

準備ができていないままに不動産屋に行くと、いいカモにされてしまうかもしれません。

特にいわゆる「おのぼり物件」(吉祥寺や中目黒等)は、賃貸初心者を通常より高い金額で契約させるという話もちらほら聞きます。

うーん、まさに弱肉強食!

いい部屋になるべく手頃な家賃で住むためには事前の準備は必須です。

探している人イメージ

ここではどんな点に気をつけるべきか書いてきますので、しっかり目を通しておいてくださいね(`・ω・´)ゞ

初めての一人暮らし、物件探しの仕方

賃貸サイトで物件の相場を知る

SUUMOやアットホームといった大手賃貸サイトで、あなたが住みたいエリアの家賃相場を調べてみましょう。

こうすることで、やたらと高い家賃が設定されている物件を回避することができるはず。

そもそも住みたいエリアも決めてない、という方は東京近辺だけになってしまいますが、「住みたいエリアランキング」がありますのでこちらを参考にしてください。

駅から物件まで実際に歩いてみる

不動産屋に行くと、大抵の場合は物件まで車で移動することが多いと思います。

しかし、車で行ってしまうと駅からの距離が正確にわかりません。

チラシに書かれている「駅から徒歩◯◯分!」というのは信用しないでください。

合ってることもあればぜんぜん違うこともあります。

坂がやたらと多かったり、陸橋を何回も渡らなければいけなかったりと、歩いてみて初めて分かるポイントも多いのです。

不動産屋は複数行く

担当になった営業マンのスキル次第では、ロクな物件を紹介してくれないということもあります。

かならず複数の不動産屋に行くようにしましょう。

「どこに行っても同じだよー」は不動産屋の常套文句ですが、気にせず何箇所か行くことをおすすめします。

なぜ不動産屋を複数行った方がいいかというと、こんな裏事情があるからなのです。

女性の方はできるだけ夜も駅から物件まで歩いてみる

昼間は人通りも多く、安全そうだったのに、夜は街灯が少なくて人通りもまったくない…という道も結構あります。

毎日通う道ですから、治安が悪そうなところは避けましょう。

住んでしまうとなかなかすぐには引っ越すことは難しいので、もし帰りの夜道で怖い思いをしてもしばらくそこに住まないといけないことになってしまいます。

物件の構造の種類を知る

賃貸で一番気になるのは「防音」です。

物件の構造によって大きく防音性能が変わることは知っておきましょう。

マンションだから大丈夫、というわけではないのです。

自分の生活スタイルにあっているかイメージする

生活スタイルというのは、ほんとうに人それぞれです。

いいな、と思ったエリアが見つかったとしたら、そこで生活している自分をイメージしてみてください。

夜型の方だったら深夜やっているお店がどれくらいあるかとか、平日休みの方だったら平日の街の雰囲気が自分に合っているか等、イメージをしっかりすることが大切です。

これをすることで、住み始めてからの「なんかしっくりこない…」ということがなくなるでしょう。

一人暮らしの物件探しまとめ

勉強をしないでテストを受けたら点数が低くなるのと同様、賃貸物件探しも予習なしではさんざんな結果になることがあります。

とはいえ、自分のささやかなお城を探すことは楽しめると思います。

面倒臭がらずに前向きなきもちで物件探しをしてみましょう。

きっといい部屋が見つかるはず。

それでは良い一人暮らしライフを過ごしてください!

物件選び、めんどくさくないですか?

ひょっとして、あなたがこれを読まれているということは、引越しを考えている状態ではありませんか?
物件選びって、一度やったことがある方ならわかると思うんですけど、めちゃくちゃめんどくさいですよね…。
そんな場合に便利なのが「家探しのコンシェルジュサービス」です。
ぼくも実際に使ってみたので、よかったら読んでみてくださいー!

PAGE TOP ↑