引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

一人暮らしの騒音トラブルに巻き込まれないために


ギター

一人暮らしで一番やっかいな問題と言えば、騒音トラブルです。

音楽がガンガン聞こえる、足音がどんどん響く、いびきが聞こえてくる等など…。

物件によっては、こんなにヒドイところがあったなんて!と驚愕するレベルの物件もあります。

引越ししてからでは遅いので、今から騒音トラブルに巻き込まれないような物件を探すコツを書いてきたいと思います。

もし現在騒音で悩んでいる方にも対処法を書いていきますので、あなたの助けになれば幸いです。

一人暮らしで騒音トラブルに悩まされないために

木造、軽量鉄骨(プレハブ工法)の物件はある程度諦めよう

安い賃貸といえば、木造や軽量鉄骨が多くありますが、これらは防音性能が低くて当たり前です。

さらに言ってしまうと、安い家賃の建物のほうが、高い家賃の建物よりも住民の質は下がることが多いです。

周りの迷惑を考えずギターをかき鳴らしたり、ドスドスと音を立てて歩いたりする人の割合が多いんですよね…。

というわけで、木造や軽量鉄骨に住む場合はもう仕方ありません。

おおらかな性格の人には大した問題ではないと思いますが、神経質なタイプの人は絶対に住んではいけない物件だと思います。

分譲マンションの賃貸部屋は結構安心できるが、大きな落とし穴も

分譲タイプのマンション(貸すタイプじゃなくて買うタイプのマンション)でも、部屋によっては賃貸というものもあります。

分譲マンションというのは一生住むマンションなので、賃貸マンションよりも作りがよく、防音性能も高いです。

しかし、分譲マンションは家族が多いため、赤ちゃんの夜泣きが聞こえてくることも。

僕も分譲マンションに住んでいたことがあるのですが、赤ちゃんが朝昼晩ずっと奇声を発しているのが聞こえてきて、かるくノイローゼになりかけました。

いくら防音性能が高くても、叫び声は聞こえてきます(当たり前ですが)

引越しで賃貸物件を選ぶときは、防音性能だけでなく近隣の住民がどんな人かも知ることが大切です。

壁ドンはより一層ヒドイトラブルになることも

隣人がうるさいと、ついつい壁を叩きたくなりますよね。

しかし、その隣人が面倒くさいタイプだったりすると、事態は非常に悪い方向に進んでしまうことも。

聞いた話ですが、隣があまりにもうるさいため壁をどんどん叩いたら、部屋に中国人が5人くらい押し入ってきた…なんてこともあるようです。

女性の方は特に気をつけないといけませんね。

騒音に悩まされた時にとれる唯一の手段

では、騒音に悩まされた時に取るべき手段はなんなのでしょうか。

それは、「不動産屋に相談する」ことです。

それでも全部が全部解決することはありません。

むしろ解決しないことのほうが多い気がします。

こうなってくると、もうあなたが引越しをするしかありません。

僕自身、住み心地の良い環境だったのに、近くに中国人が引っ越してきてからものすごくうるさくなり、引越しを余儀なくされたことがありました。

もちろん中国人の全員が全員うるさいわけではないですが、経験上、うるさい人は多い気がします。

後から来た人に追い出される格好になるなんて変な話ですが、今の日本の制度では守ってもらえないので仕方ないですね…。

騒音問題でストレスがたまり、精神疾患になる方もいるくらい、騒音問題というのは深刻です。

引越しの際に物件を選ぶときはくれぐれも注意してください!(`・ω・´)ゞ

物件選び、めんどくさくないですか?

ひょっとして、あなたがこれを読まれているということは、引越しを考えている状態ではありませんか?
物件選びって、一度やったことがある方ならわかると思うんですけど、めちゃくちゃめんどくさいですよね…。
そんな場合に便利なのが「家探しのコンシェルジュサービス」です。
ぼくも実際に使ってみたので、よかったら読んでみてくださいー!

PAGE TOP ↑