引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

引越し:ピアノの「壊れない」移動について


ピアノ

引越しの時に、一番大切に扱わなければならないものと言えばピアノが挙げられます。

そもそもピアノは大型のものだとドアから出し入れができない為、窓からクレーン車などを使って運搬することになりますので、個人で移動させるのは非常に難しいです。

ピアノ専門の引越し業者はいろいろありますが、普通の引越しとくらべて値段の安さだけで決めてしまうと痛い目を見ることも…。

スポンサーリンク

ピアノの種類別:引越しの方法

電子ピアノの場合

電子ピアノの場合は、振動で音がズレるということがありません。

アクションや弦があるわけではないので、移動に大して神経質にならなくても大丈夫です。

そのため、普通の引越し屋さんに頼んでもOKです。

ただし、電子ピアノは「一種の家電」になりますので、雨の日などは濡れないように注意しましょう。

※電子ピアノではなく、電気ピアノの場合はアコースティックピアノと同じような取り扱いが要求されます。

アコースティックピアノの場合

アコースティックピアノの場合はご存知の通り、繊細でアナログな作りになっています。

そのため振動にはかなり弱く、引越しが終わった時にクリーニングや調律をすることをオススメします。

通常の引越し屋さんに頼んでも、ピアノだけは専門業者に外注するということは結構あります。

しかしその場合は、専門業者を自分で選べないので不安は残ってしまいます。

大切な思い入れのあるピアノでしたら、他の荷物とは別に、専門のピアノ引越し業者に依頼されることをオススメします。

※ヤマハの100%出資会社として、「ヤマハピアノサービス」という会社があります。ここでピアノ引越し業者を紹介しています。

ピアノ引越し業者に頼む前に

見積もりがスムーズに進むように、事前に確認しておくことがあります。

それは

  • ピアノの品番や製造番号の確認
  • 今住んでいる場所と新居の経路確認(階数やエレベーター、目の前の道路の幅が狭くないか)

大きなポイントはこの2点です。

ピアノの品番と製造番号の確認

アップライトピアノでしたら天屋根を開けて覗きこむと、フレームの右か中央に刻印されていることが多いです。

グランドピアノの品番と製造番号は、大屋根を開けて、ピアノのフレーム内側に記載されています。

現住所と新住所のピアノ経路を確認

小さめのピアノでしたらそれほど気にすることはないのですが、大型ピアノの場合は、入り組んだ路地にある家に搬送する場合、かなりの困難を極めます。

トラックが通りやすい道や、目の前に一時駐車できるスペースがあるか予め確認しておきましょう。

部屋までの経路もかなり重要です。

「廊下の曲がった部分でつっかえてしまう」

「エレベーターが狭くて乘らない」

「階段の踊り場から動けない」

「高層タワーマンションの上の階」

このような理由で実はピアノが輸送できませんでした、なんてことにもなりかねません。

最後の高層タワーマンションの場合は、やり方によってはなんとかなることもあるみたいなので、引越し屋さんに相談してみてください。

予めこのような懸念点を挙げておくことで、見積もりがスムーズに進みます。

新居ではあまり音が出せない…という方には

引越し先ではあまり音が出せないor出しづらいという方には、消音ユニットを装着するという手があります。

消音ユニットという選択

ヤマハのライトアップピアノには、ヤマハ純正の消音ユニットを取り付けることができます。

消音ユニットとは、生の音を消してヘッドホンで聞くことができるようになるスグレモノ。

金額はだいたい

消音ユニット150,000円+取り付け費用40,000円の合計190,000円が相場のようです。

物件選び、めんどくさくないですか?

ひょっとして、あなたがこれを読まれているということは、引越しを考えている状態ではありませんか?
物件選びって、一度やったことがある方ならわかると思うんですけど、めちゃくちゃめんどくさいですよね…。
そんな場合に便利なのが「家探しのコンシェルジュサービス」です。
ぼくも実際に使ってみたので、よかったら読んでみてくださいー!

PAGE TOP ↑